世界初のAI医療ブロックチェーンAIDOCは日本に上陸しました。4月28日に神奈川県立かながわ労働プラザで説明会が開かれました。

  シンガポールに本社を置くAIDOCは、分散型のAI医療の先駆者として、初めて健康データでマイニングするプロジェクトを構築しました。AIDOCは、ブロックチェーンとAI等最先端革新技術を連結させ、医療分野に適用し、スマート医療バリューチェーンを構築することで、専属専任、専門的、インテリジェントな医療健康サービスをユーザーに提供します。

  説明会で、AIDOC日本顧問何祖杰氏は、人々がブロックチェーンに言及したとき、まずビットコインを考え出すだろうが、実際には、ブロックチェーン技術が今日の金融サービス業界で広く使用されており、ブロックチェーンの分散型ストレージテクノロジー、改ざんできないブロックチェーン暗号化技術、オープンで透明なブロックチェーンネットワーク等の特徴は非常に医療分野に適していると強調しました。

  人工知能技術は、最近注目される話題でありますが、実際に人工知能は今、大きなボトルネックに直面しています。その理由は、人工知能技術が大きな進歩を遂げるため、必ずしも今非常に大量のデータを必要としていますが、どのデータ提供者も、非常に大量のデータを提供するのに十分なインセンティブを持っていません。ブロックチェーン技術により、データ作成することが評価され、認識が共有されれば、医療データ市場が大きくなり、人工知能をさらに発展させることができます。

 「医療+人工知能+ブロックチェーン」は、現在の医療業界のジレンマを完全に解決できるソリューションであることは間違いありません。革新的なビジネスモデルとその基盤技術により、医療業界全体がデータの交換ができ、開発にも協力し、自分自身に相応する経済的利益も得られます。天医はブロックチェーン+ AI +医療を使用して患者まで高品質の資源をお届けし、誰もが独自のAIスーパードクターを持つことができ、全民が医療恩恵を受けられることを目指しているそうです。

 現在の医療産業は、各自のデータと技術を厳密に守っているガラパゴス化産業です。 医療業界は各自で競争相手と戦い、独自のデータと技術を必死に守ることによるガラパゴス現象が非常に深刻であり、様々な政府や国連から、企業間で協力してすべての人間の健康に役立つよう呼びかけられているが、それでも効果はほとんどありません。 根本的な原因は、伝統的なビジネスモデルが医療ビジネスのコラボレーションとデータ共有に非常に不利であることです。

  同時に、医療業界は、大規模なデータ品質の問題を抱えています。 医師の診断ミス、ハッカーの攻撃、または同時に編集することで更新できなかった電子カルテ(EHR)、いずれにしても、医療記録は完全に信頼できるとは言えなかったです。 さらに、同じ患者の記録は異なるサプライヤが異なるバージョンを持っている問題もまた、私たちを長い間苦労させましたが、これらのサプライヤは互いに確認しなかったため、患者は肉体的、精神的及び財政的な害を受け、副作用を引き起こす可能性があるリスクを背負うことになりました。

  ブロックチェーン技術は、これらの問題をすべて修正するのに役立ちます。これらのデータを管理する組織が存在してない同時にすべての関係者がデータの安全と完全を維持する責任を負うため、このアプローチは、医療に信頼できるデータを提供し、システムが人為的ミスに影響されないようにします。

  AIDOCTOKENは以下の取引所で上場しました。Huobi、OKEX、Coinegg、Allcoin、BCEX、Bibox、Bit-Z、Coinbene、BtcTrade、Coolcoin、CEX、Coinbig、SWFT。AIDOCアプリは現在テストを行っている所で、もうすぐリリースする予定です。