多くの人はすでに技術の角度からブロックチェーン技術の原理と一部の技術の詳細を解釈したが、一般の人にとって、ベース技術が何であるか全く重要じゃない、我々がインターネット技術を利用して、ウェブサイトをブラウズする時にTCP/IPプロトコルを理解する必要がないのと同様である。

 多くの人はすでに技術の角度からブロックチェーン技術の原理と一部の技術の詳細を解釈したが、一般の人にとって、ベース技術が何であるか全く重要じゃない、我々がインターネット技術を利用して、ウェブサイトをブラウズする時にTCP/IPプロトコルを理解する必要がないのと同様である。大衆にとって、この技術は使いやすくて、自分のメリットがあれば、いい技術である。もしインターネット技術が解決したのは通信問題であれば、ブロックチェーンが解決したのは信頼の問題である。

 ブロックチェーンの最も核心的な価値は、プログラムアルゴリズムを通じて、公開透明なルールを設立し、取引双方の信頼関係を築くことである。ブロックチェーンは脱中心化の形式を通じて、全体の練ってワーク中の自己証明機能を実現した、それを基礎として一つの信頼ネットワークを設立してポイントツーポイントの信頼と取引の安全を確保し、伝統的な形での中心化の第三者機構によって統一な帳簿更新と検証を行うわけではない。ブロックチェーンの取引システムは変更できず、しかもすでに分配された分類帳簿の中で全ての取引を追跡し、知能的に全ての取引に充分なパラメータと条件を設定することができ、たとえ参与した人が不誠実であっても、その結果が信頼できることを確保することができる。

ブロックチェーン技術或いはそれが採用したアルゴリズム証明メカニズムを共有経済に導入すれば、完全に透明、オーナーなし、分散的な共有プラットフォームとシステムを構築することができる。あらゆる形式の仲介がない状態で、各種取引側が安全に取引ができるように保証する。これらの取引側は個人、企業、ひいては政府を含める。そうすることによって、信用問題は根本的に改善され、データの帰属も一軒の会社或いは数個の機構に局限されず、しかも取引のコストも大きく下がる。

 ブロックチェーンは発展してから今に至り、いつも神秘な色彩があった。それの技術はすでに確実に人々の生活に巨大な変化を齎すことができると証明されているが、同時に現在の技術が成熟していないため、多くのマイナスな影響もある。如何にブロックチェーンの世界で生き残るかは、色んな法則を掌握する必要がある。

保存こそが所有

 一人の財産帰属及び安全性は、根本から言うと、財産の保存方式及び定義権に取り決められる。現実世界では、人々の家と土地は国土と言う媒介に保存しているので、家と土地の帰属権は国土の所有者が如何に定義するかに取り決められる。

ブロックチェーンの世界では、個人が所有する資産はブロックの方式で分散式のサーバーに保存され、理論的にこれらの財産の帰属権は個人にあるので、保存媒介と方式の変化によって、資産の所有権は個人に交付した。

データこそが資産