1月29日 火曜日


1.スイスの仮想通貨企業100M資金調達許可を取得000億円分の仮想通貨ハッキングの背後に2つのグループ

  2つのハッカーグループが仮想通貨ハッキングでこれまで10億ドル(約1090億円)分の仮想通貨を盗み取った。アルファとベータと呼ばれる2つのグループは、多くの仮想通貨詐欺に関与。参照元

  ✩✩✩✩✩

 

2.仮想通貨「dApps市場」の2018年売上高が7300億円到達、App Store初年度の売り上げを上回る

  親和性の高いゲームジャンルやDEXに加え、EOSやTRONチェーンを使用したdApps市場も急成長を遂げており、業界に詳しい関係者によると、2017年から"パラダイムシフト”が起きているという。参照元

  ✩✩✩✩✩


3.仮想通貨の価格が大幅に減少

  仮想通貨の価格はETHの8%、BCHの9%の価格下落を中心にほとんどのメインの通貨において価格が3~5%ほど下落している。トップ10の仮想通貨の中では唯一ステーブルコインのTetherが微増しており、投資家の逃げ場となっていることが考えられる。参照元

  ✩✩✩✩


4.NY証券取引所の親会社ICE、仮想通貨モニタリングツールの提供へ|大手ブロックチェーン企業との提携で実現

  注目の仮想通貨取引所Bakktの親企業であるICEは先日、国際規模のブロックチェーン企業Blockstreamと提携し、「Cryptocurrency Data Feed」という仮想通貨市場データサービスを提供すると発表した。Bakktも重要視している価格の形成の監視なども提供対象となる。参照元

  ✩✩✩✩

5.仮想通貨取引所の流出事件:200億円分の仮想通貨ナノ被害返済を巡り、被害者団体が勝訴

  昨年2月、イタリアの取引所で約200億円以上の仮想通貨ナノが紛失した事件で、仮想通貨取引所BitGrailの創設者Francesco Firano氏が可能な限りの資産返済を宣告されたことが発表された。参照元

  ✩✩✩✩


6.韓国4大仮想通貨取引所が、マネロン防止の取り組み強化を目的とした「共同イニシアチブ」を発表

  韓国の4大仮想通貨取引所(Bithumb、Coinone、Korbit、Upbit)が、マネーロンダリング防止(AML)の取り組みを強化するための、共同イニシアチブを発表した。AML問題に特化した「ホットライン」を構築し、ユーザー保護と不正検出を担当するため、4取引所のそれぞれのチームの間で確立される。参照元

  ✩✩✩✩


7.ブロックチェーン企業のR3が組織再編 経営幹部2人が退任か

  ブロックチェーン開発企業のR3は大規模な内部組織の再編を行い、その過程で2人の幹部が同社を退任したという。参照元

  ✩✩✩


8.仮想通貨取引所Liquiが「閉鎖」を発表|草コインへの影響は?

  仮想通貨取引所Liquiが、サービスの停止、取引所自体の運営を中止することを公式サイトで発表した。「草コイン取引所」として、アルトコイン全盛期を支えた取引所で、多くのアルトコインが上場している。参照元

  ✩✩✩


Talentaの最新情報、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれるの登録はこちら。

Facebook: https://www.facebook.com/talentasg/

WeChat: https://mp.weixin.qq.com/mp/profile_ext?action=home&__biz=MzUzNDk0OTAxOQ==&scene=124#wechat_redirect

Twitter: https://twitter.com/TalentaSG_jpn

Telegram: https://t.me/TALENTA

はてな:https://talentasg.hatenablog.com/