メタップスは国内のベンチャー企業でも、特にAIの開発やブロックチェーン分野に強みをもつ企業であり、東証マザーズに上場を果たしている。

 

また、韓国では子会社メタップスプラスを設立しており、こちらもフィンテック企業としてブロックチェーン技術、アプリ開発などを担っている。

 

そして、EMURGOはカルダノの導入促進をサポートすることに加えて、カルダノを使用したシステムの構築なども行う。

 

そのうえで、今回メタップスプラスとカルダノはADAクリプトカードと呼ばれるカードを韓国のコンビニ向けに発行する予定だ。

 

ADAクリプトカードについて

ADAクリプトカードはギフトカード、モバイルギフトカードの形で実装し、使用できる金額が最初から決定されている。既に加盟店が3万店にものぼることから、今後さらに普及していく可能性があると予想できるだろう。

 

このカードの発行においては、メタップスプラスの持つパートナーの店舗数が非常に大きく影響しているものの、カルダノが決済手段として流通する実績作りには最適だ。通貨の流通においては、多数の店舗で使える通貨であることが必須要件となる。つまり、ADAクリプトカードの発行と使用は、カルダノが決済通貨として問題なく使用できることをアピールする材料になると見ていい。

 

韓国における仮想通貨市場は、最近大きく変化しつつある。2019年になっても韓国国内での仮想通貨の流通・ブロックチェーン技術に対する姿勢を変えることはないだろう。韓国は今回のADAクリプトカードの発行・普及も含め、アジア圏におけるブロックチェーン大国として国内の仮想通貨における取組をサポートしていく姿勢が見える。

 

日本に関しても三菱UFJグループの独自通貨などは、全国のコンビニなどで使用できる可能性を秘めているものの、実装には至っておらず時期も不明だ。なにより、そういった取り組みそのものを、将来的に規制当局である金融庁の認可を必要とさせる可能性さえある。今回のADAクリプトカードの発行はカルダノにとって、プラスのニュースであり、今後大きく価値に影響を与える可能性もあるため、注意深く見守っておこう。