2019年6月に G20が日本の福岡で開催される準備として、各国の規制機関に向けた手引書を策定する議論を始めた。マネーロンダリングやテロ資金供与対策のために新しい規制が設けられることはすでに発表されており、その規制のあり方によっては仮想通貨市場の勢いがさらに減少する可能性がある。

 

各国の動きとしても仮想通貨市場を潰すことはマイナスになることを理解している。加えて言えば、仮想通貨のクラスの面だけでなく顧客の保護や資産の健全性に対して世界クラスで足並みをそろえる狙いがあると言えるだろう。

 

ちなみに、このG20で決まった規制を守れなかった国に関してはFATF が世界の金融のルールから各々の国を外すとまで高原している。そのため、具体的な内容そのものがなく不明であるものの、仮想通貨取引所や市場のあり方に対して踏み込んだ内容となることが予想可能だ。

 

仮想通貨市場のリスクは、大規模なハッキングが起きる以前から提唱されてきたものだ。日本に関しても大規模なハッキングが起こったことがきっかけで、仮想通貨に対する保護的な姿勢が表に表れる結果となった。ハッキングそのものは、許されない行為であるものの、それまでに過ごされてきたという体制があったならない事態だと言えるだろう。

 

G202を行っては規制に関する手引書を採用し、各国の対応にまかせっきりである仮想通貨の扱いに関して足並みをそろえるといった意識がある。仮想通貨に対して、非常に厳しい態度を示す国もあるものの、ブロックチェーン技術など開発においては、各国で協力した方が技術的な面で苦労することは少ない。

 

 

そして、ブロックチェーン技術を政府のシステムの根幹として考えている国も少なからず存在することから仮想通貨に対する規制によって仮想通貨市場とをブロックチェーン技術がどのような影響を受けるのか、冷静に見定めていく必要があると言えるだろう。