bitfinex は、ニューヨーク州の司法長官からTether とドルの量が比例せず、クリプト・キャピタル関連の補填にTether を使用したと指摘されている。この一連の問題は解決しておらず、素材に対する争いは今も続いている状況だ。

 

今回話題となったのはニューヨーク州の最高裁判所がTether 社に対して通常業務以外での融資などの資金供給をしないように命令したというものだ。しかし、結果としてこの命令はすぐに訂正され、ニューヨーク州の司法長官が十分な証拠をすでに最高裁に出していると判断したことから、この命令は修正されている。

 

加えて言えば、bitfinex がユーザーに対して行った独自の仮想通貨であるレオの販売は成功を収めており、bitfinex の顧客がbitfinex に対して大きな不信感を抱いていると判断できる結果にはならなかった。また、CTO を通して集められた資金によって、損失の補填に使われる可能性もあることから、今回のTether とニューヨーク州の争いは、長期化する恐れがある。

 

もっとも、Tether 社の顧問弁護士が現像してるTether とドルの量が比例しないことを認めており、実際に仮想通貨の価格の操作がbitfinex によって行われていた可能性は否定できないものとなった。休学に関しては、仮想通貨市場に対して大きな不安を与えるものであり、仮にbitfinex が敗訴となった場合は仮想通貨市場が大きく乱れる可能性が非常に高い。

 

今回の最高裁判所からの命令は、実質的に言えばあまり意味がないものと言えるだろう。最初の命令を修正した上で、ニューヨーク州とbitfinex の争いに終止符を打つものでもなく、bitfinex 内で行われたIE O の内容等においても全く触れていない。

 

つまり、ニューヨーク州とbitfinex は争っているものの、法的な制限が行われておらず、bitfinex の通常業務には差し支えがないと言える。加えて言えば、顧客だがbitfinex が発行するステーブルコインを購入したことによって、bitfinex が顧客に対して信用性を失っておらず一定の影響力を持つことを逆に証明したとみていい。今後、両者の争いは激化していく恐れがあり、仮想通貨市場にとってマイナスの出来事となる可能性も高いことから要注意だと言えるだろう。