Image for post

Bidaoは分散型金融に特化した新しいブロックチェーンシステムを構築しており、Defiアプリケーションのためのブロックチェーンに依存しないエコシステムを構築することを目標としています。Bidaoエコシステムでは、ガバナンストークンであるBIDとステーブルコインであるBAIの2つの異なるトークンを使用しています。ユーザーはBIDトークンをステークしてBidaoネットワークをサポートすることもできます。BAIは、米ドルに対して1:1のペッグで固定されたアルゴリズムのステーブルコインです。

担保資産としてIOSTを実装、これにより、IOSTをCDPにロックアップしてBAIステーブルコインを生成することができる

IOSTを担保資産として使うのは非常に簡単です。まず、IOSTをCDP(Collateralized Debt Position)にロックアップします。その見返りとして、適切な量のBAIが生成され、CDPの作成者が自由に使用することができます。ロックされたIOSTへのアクセスを取り戻すには、BAIをシステムに返済しなければなりません。これは、簡単な関数を呼び出して、BAIをCDPに送り返すことで簡単に行うことができます。その後、ロックされていないIOSTは、CDP作成者によって再び自由に転送することができます。


Bidaoについて

Bidao 暗号資産 (BID)は、完全に分散化されたPoSを利用し、大きな変動を経験するBitcoin、Binance Coin、Ethereumとは対照的に、100%安定した価値を持つ付加的な担保価値トークンを使用しています。Bidaoは、Tron、Bitcoin、Ethereum、そしてIOSTのような多くの異なるブロックチェーンと統合し、分散型金融(Defi)アプリケーションのためのワンストップショップとなることを目指しています。