スマートマネーは、保険金の支払いや管理などをサポートするスマートコントラクト機能を使用したアプリだ。

 

このアプリは、オーストラリアの連邦科学産業研究機構とコモンウェルス銀行が共同で開発した。また、国民障害者保健制度から10人の参加者と介護者が参加している。

 

・スマートマネーの目指すもの

スマートマネーは、事務処理のコスト削減し、送金や決済における詐欺を防ぐ。そして、障害者支援サービスとして開発された。

 

国民障害者保健制度は、一定の条件を満たしたものに対して保険金の支払いを行う。つまり、ブロックチェーンのシステムを利用した場合、こういった保険生徒のほとんどがブロックチェーンによって管理できるということになる。

 

また、運営や管理にかかるコストに関しては、スマートマネーの利用によって年間で数億ドルを削減することが可能となる。

 

加えて言えば、家計における共産は決まっており、書類にかける手間や時間は曲6少ない方がいい。その上で、国民障害者保健制度の参加者には、障害者の支援サービスの新しい形を提供することが可能となる。

 

・オーストラリア政府によるブロックチェーン技術

オーストラリアの政府では、かねてより新しいプラットフォームの開発が続けられてきた。例えば、オーストラリアン・ナショナルブロックチェーンは、身分証明や契約における信頼性の担保をスマートコントラクト機能で行う。

 

また、このブロックチェーンは、政府によるサービスであり、あらゆる企業が使用することを想定したものだ。つまり、あらゆる契約や証明をブロックチェーンで管理し、スマートコントラクトに基づいて実行できるようになる。

 

障害者に対するサポートは、科学的な技術とは無縁と考えられることがある。しかし、実際には、障害者に限らずブロックチェーンによるサポートは非常に有効だと言えるだろう。

 

今後、オーストラリアだけでなく、保険やサポートに関するブロックチェーンは、増加していく。そのため、仮想通貨の価値だけでなく、ブロックチェーンがどのように社会に変革をもたらすのか見定めて行こう。