2019年、LibaとDCEPは業界で最も影響力のある事件に違いない。
大衆のブロックチェーンの金融革新から、マクロレベルの大国金融ゲームまで、多くの人は時代の波に押されて前進する茫然とした感覚を身をもって感じているはずです。
この時代の流れの中で自分の方向をどう見つけるべきですか?Mikkoは通貨学者として、智堡(wwww.wisbug.com)の創始者であり、業界内のビットコイン初期の投資家でもあり、研究者でもあります。彼はマクロ経済、金融市場及び貨幣理論のここ10年の研究に対して、未来の業界発展の方向をよりよく見ることができます。
ですから、LibaとDCEP、DAO、そしてマクロ経済の問題について、Mikkoとインタビューしました。
DCEP VS LibaX-Ode:DCEPとLibaの両方の発展の見通しはどう思いますか?彼らは今の世界の金融環境にどんな影響がありますか?Mikko:まず、Libaは独立性がないと思います。そのすべての資金はFRBや他の主権監督当局によって監督されている銀行に保管されます。
中央銀行のデジタル通貨とLibaに関しては、Mikko、https:www.bilibili.com videoav 73836265は現代の通貨銀行システムの中で、銀行金融はずっとライセンス業務です。
中国では、金融システムは特に、財政と密接に関連しているため、財政-金融-通貨の三位一体となっています。イングランド銀行(イギリス中央銀行)は民間で設立されましたが、20世紀30年代に財政部に帰属しました。
仏幣システム内の中央銀行の設立は、国家の財政システムに奉仕するものである。
このような構造の中で、金融システムは「準」(近似)市場化の体系にすぎない。
カードを持っている銀行の支払い、決済はすべて中央銀行を通じて行われます。
Libaの全体の資金流動は伝統的な金融システムと切り離せません。彼は銀行で口座を開設し、銀行の代理Libaで決算します。Liba自身が「持ち札銀行」になっていない限り、彼は次の階級の預金トレーダーです。
イギリス中央銀行総裁のカーニーは昨年、イギリス中央銀行の貸借対照表とRTGS(支払)システムに直接触れることができると述べた。
米国の金融史全体では、個人通貨が主権貸借対照表に触れたいというケースが多い。
その時点では、FRBの役員として働いていたが、退職後は狭義銀行のプロジェクトを行い、彼はすべてのお金をFRB(100%準備金)に預けたいと考えています。本質的には、伝統的な金融システムと主権当局のバランスシートを利用して設計された安定した貨幣です。
だからLibaは別に新しい意味はありません。
これは実は伝統的な金融システムと主権当局のバランスシートを借りて自分の個人通貨の業務に従事したいです。
似たような例が多いです。例えば、スターバックスの消費カードは実質的にスターバックスドルです。スターバックスのチャージカードのビジネスモデルはもっといいかもしれません。スターバックスの消費カードを買ったら、もうドルに両替できません。
逆に言えば、ライバには引受の問題があります。
私から見れば、まず数字通貨として扱われるべきではなく、個人通貨であり、Liba協会が引受し、Libaの抵当はドル預金とその他の高品質な米ドル抵当(例えば米国国債)です。
DCEPは違っています。DCEPは主権国家の通貨当局によって強力に普及されています。背後には強力な政治的約束(信用と担保)があります。DCEPを使うことを拒否できません。人民元の現金を受け取ることを拒否できないように、各人は法定通貨を通じて納税義務を履行しなければなりません。
だからDCEPとLibaは実質的な違いがあります。DCEPはトップダウン、Libaはボトムアップ、後者は強力な政治的約束がありません。だから、世界中の中央銀行と監督機構とコミュニケーションと協議をしなければならないです。自分のビジネスモデルを構築することができます。
したがって、全体の仏幣システムでは、LibaとDCEPはまったく同じ位の競争者ではなく、DCEPは全法定通貨の階層でLibaの位置よりはるかに高いです。Libaの貨幣性は銀行預金とAlipay残高よりも低いです。
しかし、業界内の人々はみなLibaが個人通貨の創世神として期待されているかもしれません。主権部門を避けて独立して商業化された個人通貨体系を形成することができます。しかし、私から見れば、これは現実的ではないと思います。
X-Ode:それではLibaは宝を支払うような規模にすれば、たとえ国家が相手としても、税金権のためにLibaを受け入れませんが、ユーザーはみんなそれを使って取引したいです。彼はドルのシステムから離脱できますか?Mikko:まず、中央銀行は個人銀行より遅く、あるいは個人銀行の集中度が高いと、本質的には中央銀行になります。
人类の决済システムと支払システムは自発的な形で个人の间で行うことができます。公共部门の介入はなく、いわゆる法定通货も存在しません。
しかし、中央銀行がない時、一部の銀行はすでに清算センターの機能を担っています。これらの銀行は通貨センター銀行と呼ばれています。
中国人民銀行がなければ、宝を支払えば中央銀行としてこの機能を担うことができるという憶測ではなく、人民銀行総裁の易綱先生が国際清算銀行の分かち合いでこのことを表現しています。一連の制度転換(例えば、インターネット会社を設立する)を通じて、支払いシステム全体を再構築し、権力を中央銀行に回収することはできない。
したがって、お支払いと決済は完全に個人部門を通して行われます。通貨自体は技術です。技術自体は主権と深く結びつける必要がありません。
金本位時の銀行間決算は、すべて金準備から預金残高に転換して行うことができます。
通貨発行の価値源として他の資産も必要ではない。
しかし、現在、すべての主要中央銀行の資産準備はすでに金ではなく、政府の信用(国債)です。
これはなぜですか?今の決済は政府や主権部門をめぐって行われないと思います。もしアリペイや工商銀行が大量の決済を引き受けたとしても、彼らの決済口座はやはり中央銀行のシステム内で完成されますか?
X-Ode:現在のドルシステムの背後に支持されているのは米国の信用です。もし米国の信用を公衆団体の信用に変えるなら、ドルの代わりに新しい貨幣がありますか?Mikko:これはつまり私はずっとこの問題を考えています。安定貨幣を研究していますが、安定貨幣の項目を作っていないのは心の中の答えが見つからないからです。
現在のほとんどの安定貨幣の価値源は米ドルの抵当品に作られているので、これらのデジタル通貨プロジェクトはドルシステムを強化しただけで、多くの人がドルを使ってデジタル資産に価格を決めさせます。
私はずっと一つの方法を探しています。ドルを飛ばして反対側にシステムを構築して、自分の定価循環と購買力を形成しています。ドルとは全く関係ないです。
X-Ode:あなたの話が分かります。初めてビットコインで取引した時は、特別通貨と比べて裏切りました。
安定とは、通貨そのものの安定ではなく、背後に映るものです。
時間が経ったら、他のものがどう変わっても購買力は変わらないと思います。安定というものが必要です。
しかし、これはあまりにも抽象的で、具象化が難しく、現実的には貨幣でしか負担できませんが、現実の貨幣はうまく実行できません。
Mikko:お聞きしたいのですが、お金は仲介だと思いますか?X-Ode:お金は通路のようなものだと思います。仲介です。
Mikko:「通貨哲学」という本を読んだことがありますが、その中の言葉がとても好きです。通貨は物と物の関係の表現だと思われますが、このような表現の具象化(例えばお金は何が買えますか?)や数量流動性(お金は使われますが)ができてから、このような関係があります。
これはなぜ人間がお金を求めているのですか?商品ではないです。
货币は人间の文化の重さがますます高くなるため、すべての物质との関系を持っています。これは货币の両面性です。
現在は円圏全体が仏貨の流動性に依存しています。
ドルはブラックホールのように、デジタルマネーをドルシステムに吸い込み、関係を築いてきました。
独立した通貨システムを構築したいなら、あるいは平行システムを構築したいなら、この通路を脱する必要があります。
X-Ode:これは他のドルのものを作ったに過ぎないと思います。本質は違いません。
Mikko:センター化とセンター化は一体です。全員が中心になると、中心化に行きます。だから、これが一元論です。
これは私の通貨理解の出発点です。
X-Ode:ドルはどうやって自分のシステムを作ったのですか?Mikko:FRBの100年以上の貸借対照表を検討しましたが、実は最初はFRBの貸借対照表の中に多くの金が備蓄されています。つまり、ドルの発行は金資産と結び付けられています。
しかし、金は実物として清算する効率が銀行(金融)システムに及ばないため、FRB自身の資産も二次世界大戦で金を捨てて大量に自国の国債を買いました。
ドルシステムの発展の過程で、貿易量の爆発的な増加も大量のドル決済需要を生み出しました。
FRBは大量の通貨創造を通じて、銀行のドル決済をサポートし、言い換えれば、ドルはグローバル化のオフショアを構築しています。
ドルの代わりにLibaに行ってください。これは明らかに実際的ではないです。
ビットコインの通貨機能を定義するのはとても難しいです。
カジノチップも帳簿をカバーしていますが、チップ履行の機能はカジノ内部の決済だけです。もし、炒幣取引がある数字貨幣の大きな割合を占めたら、この「帳簿」の性質は明らかになります。
また、海外の監督管理機関の公式サイトでは、銀行の登録方法を教えてくれます。どうやって免許証を取得しますか?
このような状況では、フェイスブックのような量の企業にとっては、まず白書を発行するべきではなく、米国のすべての監督管理部門を通じて、銀行に登録してからFRBに口座を開設するように申請してください。これで個人通貨業務が展開されます。
米国のTNBのように、彼らはすでにFRBにメインアカウントの開設を申請しています。
Facebookではこれさえできていないというのは、かなり不思議です。
Libaと比べると、JPM Coiは違っています。FRBがない時にはすでにモルガン・チェースがあります。彼はもともと米国全体の清算ネットワークシステムを担う個人の中央銀行です。今はJPMがデジタルマネーを作っていますが、中央銀行を反対する可能性があります。
X-Ode:ビットコインの未来は遠いと思いますが、未来はどうなりますか?Mikko:私は二つの道があると予想しています。一つはいわゆる帰化の道です。主権部門によって帰化されて伝統的な金融システムの一部になり、他の資産になります。
第二条道路は平行宇宙の資産となり、賽博パンクと極客の間の小さなサークルに流通する。
第一の道では、まず伝統的な金融機関に触れることができる貸借対照表として、銀行システム、非銀部門、ファンド会社、ETFなどに入ることが必要です。
いったん明確に定義されたら、ビットコインの別種の資産の属性は黄金に比べて悪くないです。
最近、カナダ中央銀行が行った調査では、ビットコインをどれだけ多くの国民が持っているかについて、その結果、持っている割合は低くないということです。
第二のスキームでは、Bitcoiは独立した「暗いネット」であり、主権ネットワーク全体から独立した決済であり、これは非常に多くの中心化ノードによってサポートされる必要があるかもしれない。
最後はテロ組織や反政府組織と決められます。
効率的な決済に関わると、KYCとAMLはこのネットワーク上で監督できないことを意味し、脱税行為が発生します。
したがって、すべてのデジタル通貨業界のプロジェクトの問題は、税金の問題を解決する方法がないことです。
国家はこれらのプロジェクトに打撃を与えます。
二、DAOX-Ode:このようにいわゆる中心化治理に行くと思いますが、DAOのような方法は合理的な方法で運営されていますか?それとも、あなたは比較的に良い治理のモードがどのようですか?Mikko:私はずっと治理分野に関わりませんでした。治理人の問題は非常に困難で、厳粛な問題だと思います。
DAOのような組織は公益性や価値配分に関わることだけではなく、私から見れば興味のあるグループです。目的的に仕事をしていますが、分配に関わると、利益があります。
自治体は最後に、自分の避けられない道を見つけるのが普通だと思います。
それらの中心化が進んでいるいくつかの機関は、むしろ自治体の良い突破口となり、自分の規模を拡大するなど、より良い状態に向かっていくことを助けます。X-Ode:たとえ無政府主義の人が好きでも、政府に反対するという形ではなく、今の政府に多くの問題と不便をもたらしていると思います。今の政府配分に問題があると思いますが、特に良い解決方法はありません。
Mikko:利益配分の問題に関わると、人間の唯一の方法はシャッフルであり、効率が非常に高いから、自治体が直面している最終問題は、いわゆる清算とシャッフルの過程です。
組織は周期的に循環し、富の分配と同じように、いわゆる政治周期、経済周期はいわゆる分配循環にほかならない。
いわゆる社会団体に関わると、このような分配問題に必ず関わってきます。
分配問題の中で最も敏感なのは貨幣で、貨幣は核心を割り当てるので、主権の本質はもしかすると分配権です。
マクロ経済X-Ode:中央銀行はDCEPを押してドルと覇権を争いたいですか?今後しばらくは、このような大規模な通貨戦争が起こると予想されますか?Mikko:それは間違いないですが、通貨戦争という言葉はあまり好きではないです。衝突を強調しすぎていると思います。通貨戦争全体のシステムは人民元でドルを代替したいとはあまり認められません。
でも人民元は米ドルの数量級を達成したいです。まだ時間が長いと思います。
人民元は資産の問題であり、負債の問題でもあります。人民元のいくつかの資産を買いたいという人がいますが、人民元でお金を借りたいという人もいます。人民元で計算した企業債を発行したいという人もいます。
第二に、輸出だけを見てはいけません。中国は輸出を過度に重視しています。輸入と輸出は平等に見てください。国際化とは片足の国際化ではいけないということです。今人民元の国際化の叫び声は非対称性があります。
X-Ode:今のアメリカ株はまだ高いです。基本的にはQEが徐々に上がってきたからです。しかし、債務の上限があります。もしこれがポン氏のような段階的に二級市場で押し上げるゲームなら、このゲームはいつ終わると思いますか?それともどのような形で終わると思いますか?Mikko:過去20年間、大量の末世論者が出てきました。米国債は持続可能ではないと思います。
預金が上昇したら、いつか崩壊する。
米国の財政システムは前払いで決められています。まず支出を決めてから、政府が融資します。政府が資金を出し入れできないなら、国債の発行をすべて貨幣化します。印金をFRBに譲渡することに相当します。だから、無限の支出があれば、債務は無限に上昇します。
X-Ode:だからMMT(現代通貨理論)をサポートしていますか?Mikko:MMTは支持していません。MMTは考え方で提供しているだけで、解決策ではないと思います。
MMTは非常に良い問題を提出しました。GDPの枠組みはどうやって通貨の枠組みと結合するべきですか?
みんな債務GDPと言いますが、経済学ではこの二つはまったく違った統計の枠組みです。
ですから、債務という問題は、投資家がその持続性を予測する必要がないと思います。人間社会は信用通貨時代に債務が支えられてきたからです。
もしあなたがこのことを予測できたら、あなたがどんな資産を買っても意味がないです。信用システム全体の崩壊に相当します。特に米国債の崩壊は国際通貨と国際金融市場に壊滅的な打撃を与えます。
それに必ず無限の発行量です。支出はますます多くなります。
X-Ode:米国の大きな資本は、彼らはまだ米国株を見ていると思いますか?Mikko:債王ガンドラックは新興市場の資産を配置するべきだと思います。
彼は80年代に日本がすごいとみんなに言われました。日本はいつまでも上がると思います。
90年代になって、日本のバブルが崩壊しました。みんなはヨーロッパ市場に行きました。その結果、90年代の末期になって、ヨーロッパもだめになりました。
その後、米国こそ人類の希望であり、大量の米株を投じた。
しかし、米国市場も崩壊寸前だとみんなが感じています。
X-Ode:それとも長期的に低金利の時代になると思いますか?周期はどれぐらいありますか?Mikko:長期的には判断が難しいと思いますが、来年は大幅な利上げが見られないです。来年は総選挙年ですから。
実は金利は40年連続で低下しています。
X-Ode:ここ一、二年はどのような事件があると思いますか?より多くの人が暗号化貨幣やブロックチェーンに関心を持っていますか?Mikko:お支払いの分野で暗号化された通貨の一部のキラー級の応用の可能性が高いです。
例えば、JPM Coiは一番期待しています。
お金自体はお支払いと決済の分野で非常に核心的なものなので、JPMがやるのは非常に良いと思います。