イスラム法に準拠したブロックチェーンシステムは、現在の所、数えるほどしかない。仮想通貨の利用に関しては各国の法を準拠する必要があるものの、イスラム圏に対する認証が後回しになっているからだ。

 

しかし、Stellar はイスラム圏での認証を受け、イスラム圏での使用を許されており、話題となった。そして、今回スイスのフィンテック企業X8AGはイーサリアムをベースとしたステーブルコインのイスラム圏での認証を受けた。これによって、イスラム圏でのステーブルコイン発行が法的にも認可されたことになる。

 

・イスラム法準拠のステーブルコインについて

スイスのフィンテック企業X8AGに.認証を与えたのはイスラム法のコンサルティング・監査を手掛けるシャーリア・レビュー・ビューロ(SRB)だ。

 

SRBは12ヶ国以上で事業を展開しており、投資会社としての実績は十分にある。そのうえで今回は、中東圏に対するステーブルコインの発行を認証した。ステーブルコインは、仮想通貨の中でも安定した価値を持ち、法定通貨とペッグするものであれば、その価値が大きく揺らぐことは少ないだろう。

 

仮想通貨のリスクとして、かねてより取り沙汰されてきた大きな変動制は、ステーブルコテンであれば抑えることが可能だ。通貨への不信などによって、ペッグされたものと価値としてかい離することもあり得るものの、企業として信頼性を担保できればそういった事態までにはならない。

 

また、この仮想通貨の認証をうけてX8AGは、仮想通貨取引所を含むプラットフォームの立ち上げを計画している。中東地域における仮想通貨取引所の設立は、バイナンスなどの大手仮想通貨取引所も計画の一部としているものの、時期は明確ではない。しかし、今回のX8の認証においては、中東地域に対して有力な仮想通貨プロジェクトとなり得る可能性が高い。

 

中東地域での仮想通貨関連のプロジェクトは、実際にそこまで多くの事例があるわけではない。しかし、今後、仮想通貨市場の流れとして未開拓にも近いフィールドである中東での仮想通貨プロジェクトは増加していくだろう。