文章は金色の財経のコラムの作者を結んで原稿を提供して、言論を発表してその個人の観点だけを代表して、学習の交流だけに供えます!金の盤面は自発的にいかなる取引指導を提供することはできません。またいかなる費用を受け取って取引を指導することもできません。
昨日BTCの短線に言及しましたが、膨張すればするほど売れていく位置になりました。短期的に調整需要があるのは意外ではありません。しかし、今回の幅は予想を超えています。残酷な市場は血生臭い味に満ちています。信頼できるのは一定の輸出入ルールです。
昨日BTCの高位の横盤、夜22時はEOSの飛び込みの影響を受けて、続いて4 Hランクの下落を生んで、BTCは短期的にすでに一定の下げ幅を累積して、小さいレベルは反発の5日間の線の需要があるので、市場の上で多軍の死傷者が極めて大きいことを考慮して、情緒は低迷して、反発を奪い取って力を合わせて実行します。
短期サポートビット10800、短期圧力ビット12500
他の主流通貨にはある程度の滝が現れています。確かに昨日私が提示した重要な位置を撃破した後、やっと下りが続いています。これは生き生きとした授業を受けました。市場で長く生きていくために、リスクを防ぐ意識が必要です。
主流の貨幣は今回は殺戮の主な戦場で、盤面を尊重して、背後の原因を推測する必要はなくて、このような下落を経て、多軍の活力は大いに傷つけられて、攻撃は次々と重なる抛圧に直面して、巻き土を巻いて再び整理する時間が必要です。
私達はBTCを分析して、主流貨幣を分析するのは市場の最新の動態を理解したいだけで、どうやって入場すれば利益が得られますか?しかし最近のBTCの動きは真実なお金を儲ける効果を代表しません。上昇家数はすでに上昇したランキングよりもっと良く市場を反映できます。引き潮期の表現です。
現在の操作については、中長線にとって、時間のコストと資金の利用率にこだわらず、下落幅の大きい主流貨幣はこの位置から左側のバッチで倉庫を建てられます。中短線は今は展望を主としています。短線は急落した後に反発があります。弾き終わったらまた低い波動率の震動に転じることができます。力いっぱい弾いて行く
もともとは中短線で倉位が重いので、第一時間は出ませんでした。操作効率からやはり高減倉に会うことを提案しています。長線のレイアウトはバッチで倉庫を建てられます。投資の考え方について言えば、今はBTCを除いて、ETHなどの主流貨幣は依然として安全範囲内にあります。
読んだ後に分かち合って、支持に感謝して、更に多くの人に利益を受けさせます。