周小川|中国金融学会会長、中国人民銀行の前社長2019年第10回財新サミットが11月7日~10日に北京で開催され、テーマは「開放的な中国と世界」です。
中国金融学会の周小川前社長が出席し、講演しました。
周小川さんは何を言いましたか?まず私達は重点を画します。1.人民元の国際化は漸進的な過程であるべきです。そして人民元の国際化は“早産児”だと思います。中国は2010年、2012年ぐらいから人民元の国際化を推進するつもりはありません。
2.中央銀行のデジタル通貨は主に本国に焦点を当てています。
3.次の金融危機の発生の可能性については、政府関係者、中央銀行関係者、学術界の見方が異なる。
楽観的な人もいれば、悲観的な人もいます。
悲観的な人は次の危機は確かに確率が高いと思います。世界市場は今健康ではない現象が多いからです。
そのため、私達は確かに次の金融の風のコントロールのためにいくつか準備をしなければなりません。
1.人民元の国際化について話します。人民元の国際化は「早産児」です。「人民元はいつ硬貨になりますか?」
しかし、彼は人民元の国際化は漸進的な過程であるべきだと考えています。「そして人民元の国際化は『早産児』と考えています。中国は2010年、2012年ぐらいから人民元の国際化を推し始めるつもりはありませんでした」と周小川氏は話しています。
彼は、世界的な金融危機の後で、流動性が足りないため、流動性の問題で貨幣の使用を拡大したと述べました。
その時、中国は一部の国と人民元を交換して貿易投資の決算を支持して、流動性の問題を緩和します。
「その時の表現は『人民元のクロスボーダー貿易と投資の中での使用をサポートする』と言っていたのを覚えています。
周小川氏は、人民元の国際化は漸進的な過程であると強調したが、大きなステップを踏む可能性もあると強調した。
第一に、いくつかの経済危機が特別な需要を引き起こす可能性があります。また、世界の主要貯蓄通貨に問題があれば、他の通貨の発展に異なる機会を提供します。
ここでは主要な準備通貨国家も含まれています。金融制裁の適用が多すぎるのではないですか?制裁が必要になります。他の人が他の貨幣を使おうと考えています。私たちの考えだけでなく、外部全体の環境にも依存します。
2.中央銀行のデジタル通貨について語っています。中央銀行のデジタル通貨は主に本国に焦点を当てています。「中央銀行はデジタル通貨の時刻表を出していますか?」周小川氏によると、5年以上前に、紙幣メーカーから紙幣の代替法を提案されたことがあるが、ブロックチェーンや分布記帳システムの応用の可能性については特に議論していないという。
デジタル通貨については、周小川氏が分析したところ、個人部門は小売決済に参加でき、わが国の第三者負担も大きな役割を果たし、発展も早いが、この基本的な電子決済軌道上の発展は、ブロックチェーンと分布記帳を基礎とした数字通貨ではないということです。
そのビューでは、中央銀行のデジタル通貨は主に本国に焦点を当てています。
しかし、理論的には、中央銀行がやっているデジタルマネーは小売サービスでもありますが、小売サービスは既存の金融システムに大きな衝撃を与えますので、皆さんも非常に慎重です。
周小川氏は、中央銀行のデジタル通貨がクロスボーダー送金や投資などのクロスボーダービジネスをターゲットにするなら、多くの新たな要求を満たす必要があると強調した。
彼は、デジタル通貨のさまざまなレベルでの応用、進捗に対する監督管理の要求も違っており、今後は組織的な協調メカニズムが必要であると強調しました。
彼はマネーロンダリングの例を挙げて、「今全世界はお金の洗浄とテロ対策の融資を非常に重視しています。マネーロンダリング、テロ対策の融資はどのように各段階の支払いシステムに切り込むかは非常に大きな挑戦になります。コストが大幅に増加する可能性があります。効果も低下します。
確かに必要です。全世界から言えば、今はこのような機能を非常に重視していますから」
3.ブロックチェーンについて話します。中央銀行は2つのシステムを選択してテストを行うという周小川氏によると、お札がデジタル化される時、中央銀行の内部でいくつかのシンポジウムを紹介しました。ブロックチェーンと分散式の帳簿技術を専門に紹介しています。
しかし、上述の技術の応用を鑑みて、取引量があまり大きくない取引の一環にもっと適しているので、人民銀行は二つのシステムを選んで、一つは手形取引で、もう一つは貿易融資です。
前者は取引先の相互理解、相互責任、監督管理の面ではあまり多くの任務と責任がないからです。
後者もハンドチェンジの頻度が比較的低いからです。
「どのような分野で応用可能性があるかを研究し、また現実に立脚して、どのようなパイロットに付すべきかを検討するとともに、着実に試行しながら、今後の応用拡大の可能性を観察します。
同時に、確かに技術の発展に展望を持っています。将来の可能性を見積もると、今はできないことがあります。未来は大丈夫かもしれません。
4.Libaについて語っています。Libaの安定性については、中央銀行の周小川前総裁は、「準備金の量はどうやって確定するか、私有のLiba委員会は国民性に欠けるか、利息を稼ぐ動機があるかどうかなど、まだ疑問がある」と述べました。
このため、周小川氏は、世界的な金融インフラの建設には、世界中央銀行の大まかな協力メカニズムが必要で、自信を強めるよう呼びかけています。
周小川氏はLibaについて、最初に強調した応用の方向はクロスボーダー送金で、「個人的にはこの選択の方向も正しいと思います」と語った。
彼はブロックチェーンや分散記帳技術などの技術により、毎秒処理される取引ペンの数が相対的に高くないので、数字通貨を小売業に応用すれば、しばらくはできないと説明しました。
クロスボーダー送金のペン数が比較的少ないので、選択として使えます。
また、クロスボーダー送金の効率には確かに問題があります。多くの人が満足していないので、クロスボーダーからの送金は確かに魅力があります。
しかし、周小川氏は、Libaが安定貨幣として存在する以上、必ず一バスケットの貨幣に対応しなければならないと強調しました。Liba協会が一バスケットの貨幣を管理すれば、個人組織が全力を尽くして公共サービスを行うかどうかの論争と質疑を引き起こします。
人々は個人のliba協会が強い利益動機があるかどうかを疑います。
これでは、安定性に疑問が生じる」と周小川氏は言う。
5.第三者支払について話します。多くの第三者支払機関は目を光らせて前払い金の周小川を狙っています。自分はLiba委託管理の積立金の数量がどのように決められていますか?品質はどうですか?
私たちは多くの第三者支払機関が支払いをするということを発見しました。科学技術を通じてより良い支払いを提供します。しかし、ある支払機関は実際には前払い金を狙ってきました。その後は利息収入があります。他の投資をしてもいいです。
だからこの見方も近いです」
6.世界市場について話す:風控の準備が必要だという周小川氏によると、次の金融危機の発生の可能性については、政府関係者、中央銀行関係者、学術界の見方が異なるという。
楽観的な人もいれば、悲観的な人もいます。
悲観的な人は次の危機は確かに確率が高いと思います。世界市場は今健康ではない現象が多いからです。
そのため、私達は確かに次の金融の風のコントロールのためにいくつか準備をしなければなりません。