Binance は、現存する仮想通貨取引所中でも最も多角的な方法で経営を行っている。慈善事業の設立や仮想通貨研究機関の設立など、他の仮想通貨取引所と比較してもバラエティに富んだ経営だと言える。

 

また、拠点として世界中のあらゆる場所に拠点を持つことを目標としており、分散型取引所であるDEX の始動も2019年初頭を目標としている状況だ。

 

その上でBinance は、今回自社が展開する分散型取引所のデモ映像を再び公開した。

 

・Binance とDEX 

 Binance は、DEX の取り扱いを中・長期的な戦略の一部としてみなしている。今回のデモ映像では、UIやウォレットなどの存在が明らかになった。

 

実際のところ、DEX は仮想通貨取引において浸透しているとは言えない状況にある。DEX の取引高は、中央集権型の取引所の数倍以下だからだ。

 

つまり、DEX には圧倒的に利用者が足りていない状況であり、利用者呼び込むシステムが不足していると言えるだろう。

 

しかし、BinanceがDEXに参入するとなれば、多くのユーザーがDEXの存在を認知し、使用者が増加すると予想できる。そして、BinanceのDEXはバイナンス・チェーン上に作成され、BNBを基軸通貨とする予定だ。

 

 

 DEX は、中央集権型の取引所と比較した場合、あらゆる手数料が安価であり、セキュリティ性も高い。理由としては、ブロックチェーン上に存在することによってハッカーからサイバー攻撃を受けづらい状況が最初から整えられていることにある。

 

 

もちろん、ブロックチェーンや仮想通貨に大きな問題があった場合、DEX もその影響を受けることになる。バイナンス・チェーンがどれほどのデータ処理能力を有しているかは不明であるものの、数万人から数十万人単位のデータを扱える許容量を備えていると想定できるだろう。

 

分散型取引所に関連する話題として、アメリカのSECがイーサデルタの創業者を逮捕したという事実がある。これは、分散型取引所であっても設置者の責任は変わらないという解釈に基づくものだ。

 

今後、DEXがどのような法規制のもとに運営されるかは不明であるものの、法規制と実際のDEXの在り方で乖離が起きる可能性もゼロではない。その為、DEXとBinanceの動きには注意していこう。