2019年5月7日、Binance はハッキングによってビットコインを失った。その上で、入出金を停止しており、セキュリティ体制を見直すと同時に顧客に対する補償の方針を述べていた。Binance のハッキングの要因はセキュリティ対戦の不備にある。もちろん、迅速な取引停止は評価できるものであり、対応が後手に回っていないことも評価できるポイントだ。

 

今回のハッキングによってBinance まぁ大規模なシステム変更を行う。自社のプロジェクトとしてDEX も指導しているものの、多くの人々はサーバー上での取引を好んでおり、DEX が一般の人々に浸透するまでにはまだ多くの時間がかかると言えるだろう。

 

また、来週中の取引再開を発表すると同時に、中絶氏はビットコインの再編成について謝罪を行った。再編成は、Bitcoin の新しい記録をハッシュパワーによって無理やり作るものであり、ビットコインのあり方を大きく捻じ曲げるものと言えるだろう。再編成に関しては、口にしただけで実施してはいないものの、ビットコインだけでなく仮想通貨市場に対して著しいマイナスの影響を与える可能性があったため、行わなかった。

 

 CZ 氏は自身の会社の保身よりも業界全体の安全性や透明性についてこれまでも熱意的に発言してきた。Binance が仮想通貨市場に与える影響は非常に大きく、現状の仮想通貨市場のあり方を示していると言えるだろう。Binance に関しては、現物取引だけでなく先物取引を開始することも発表しており、今回のハッキングを受けたうえで、万全なセキュリティ体制を築いていくことを発表してると言えるだろう。

 

 Binance のハッキング後、仮想通貨の価格は下落傾向にあったものの、5月10日時点ではビットコインが上昇しつつある。つまり、Binance のハッキングを受けた上でも、人々のトレンドとしてビットコインの売買に対するリスクに打撃を与えたとは言いづらい状況にある。ビットコインの上昇に関して言えば、アルトコインが置き去りとなっているため、仮想通貨市場全体として価格が上昇する可能性は否定できない。