WechatIMG376.jpeg


KIZUNA GLOBAL Inc.はセキュリティートークン取引所であるKEEP取引所や日本初となる次世代型ブロックチェーンDAG技術を実装したKIZUNACOINの開発を行なっています。

 

この度、KIZUNA GLOBAL Inc.は自社のセキュリティートークンであるKIZUNA GLOBAL TOKENのIEO(Initial Exchange Offering)を

日本時間の2019年3月13日 21時より

Coinealにてグローバル市場向けに開催します。

 


特設サイトURL

 

PCの方はこちら

 

ETHで購入する場合

https://hk.coineal.com/ieo-10010.html#ja_JP

 

BTCで購入する場合

https://hk.coineal.com/ieo-10011.html#ja_JP

 

スマートフォンの方はこちら

 

ETHで購入する場合

https://h5hk.coineal.com/ieo-10010.html#ja_JPETH

 

BTCで購入する場合

https://h5hk.coineal.com/ieo-10011.html#ja_JP

 


 

KIZUNA GLOBAL Inc.が実施するKIZUNA PROJECT セキュリティートークンプラットフォームKEEP-Exchangeとブロックチェーンの欠点を克服した次世代ブロックチェーンDAG技術で暗号通貨に新たな風を吹き込む。

 

KIZUNA GLOBAL TOKEN

KIZUNA GLOBAL Inc.はKIZUNACOIN PROJECTとKEEP-Exchange、今後展開する事業との連携と株式価値の付与を目的としたセキュリティートークンとユーティリティートークンの双方の機能を付与するハイブリットトークンを発行します。1933年米国証券法に基づいたオフショア市場での取引が可能なセキュリティートークン(株式トークン)です。

KIZUNA GLOBAL Inc.の株式トークンであり、その事業であるKIZUNACOINやKEEP

取引所に対する投資用途に用いられます。

 

KIZUNACOIN

DAG(Directed acyclic graph)技術は次世代型のブロックチェーンである理由はマイニングの不要化と送金時間の短縮による実用性の向上を可能にします。

 

既存のブロックチェーンにおける問題点は送金時間が長く、手数料が高額である事です。

例えば、ビットコインで使用されているブロックチェーンは一定数の取引情報を記録化し、マイニングによって暗号化、作成された暗号化情報を全ユーザーと共有する過程がある為、デメリットとして送金に時間がかかる、取引にかかる手数料が高額になる問題を抱えています。

 

そこで、次世代ブロックチェーンであるDAG技術は、マイニング行為を無くし、トランザクションを蜘蛛の巣のように複数接続する事で、送金時間を大幅に短縮することに成功しています。

具体的には、一回の取引情報一つずつ処理していき、記録された取引情報が蜘蛛の巣上に広がるように形成されています。

暗号化に関しては、取引した人が暗号化を行うと同時に、過去に行われた取引の検証と承認を行えるため取引時間が非常に短く、データをマイニングする必要もない為、手数料のコストが低いなど非常に大きなメリットを持っています。

 

それ以外にもDAG技術はマイニングによるブロックの生成やブロックサイズとなどの概念が無いのも特徴で、今後、事業拡大や大幅なアップデートなどにも耐える事が可能です。

 

KIZUNACOINのコンセプトは暗号通貨における相互のやり取りをテクロジーの力で強化する事であり、今後の計画としてKIZUNACOINはインターネット内において仮想通貨としての扱いから脱却し暗号通貨や法定通貨からKIZUNACOINに変えて、決済が可能になることを目標としています。また多彩なオンライン上でもKIZUNACOINを電子マネーと同じような決済が可能になるような提携を計画しています。現在、KIZUNACOINは仮想通貨を様々なプラットフォームで決済可能なPaycent Cardと提携を結び、今後マスターカード、VISA、アリペイ、ユニオンペイ、Wechatなどで決済を可能にするための実装準備を進めています。

 

KEEP-Exchange

現在、KIZUNA GLOBAL Inc.で開発されているプラットフォームの一つが暗号通貨取引所で“KEEP”の由来はKizuna Essential Exchange Platformから来ています。この取引所の最大の特徴はセキュリティートークンのマーケットを開設予定であることです。セキュリティートークンは株式の代わりとなる仮想通貨技術であり、IPO(新規公開株)など株式からの置き換えにより数千億ドル規模の需要があると予測されています。さらに将来的に3段階に分かれたマーケットを作成する予定で、主にAランク、Bランク、Cランクに分かれています。この格付けは信頼性によって分けられており、新規上場の暗号通貨は審査不要でCクラスになり、その後コミュニティのユーザー数や出来高、運営活動などを元に評価が高ければBクラスへ格上げされる仕組みです。Aクラスにおいては各国政府機関が定めるガイドラインや安全性の基準に則った通貨のみを各国ごとのプラットフォームそれぞれに提供し、コンプライアンス基準を満たす取り組みが行われます。

 

KEEP-Exchangeの取引所事業を急速展開し、取り扱い銘柄の拡大とマーケティング活動による需要の増強、今後の成長市場内で2022年までに年間営業利益100億円、世界シェアの5%を目指します。

 

また、仮想通貨の認知度向上のためにマーケティング活動を展開し、「仮想通貨とは何か」を伝え心理的な抵抗を軽減するとともに、多国籍企業のマーケティング戦略をビジネスモデルの参考としたグローバル化と市場でのKIZUNACOINやKEEP取引所を発展させるため、邁進を続けます。

KIZUNA PROJECTに対してご興味をお持ちの方はCoinealにて3月13日に開催のKIZUNA GLOBAL TOKEN(KGT)のIEOにご参加下さい。

 

 

企業概要

KIZUNA GLOBAL Inc.

所在地:257 Churchmans Road New Castle, DE 19720, U.S.A.

プロジェクト名:KIZUNA PROJECT

トークン名: KIZUNA GLOBAL TOKEN

略称: KGT

Webサイト:http://kizunaglobal.com/

本件お問い合わせ先: team@kizunacoin.net