5月に入り、再び上昇基調にはいった仮想通貨市場だが、3日にビットコインは高値を更新した。アルトコインも堅調な動きで全面高の展開となった。


3日の仮想通貨市場

3日のビットコインは、日中を通してほとんど価格が上昇した。17時にはこれまでのレジスタンスとなっていた5600ドルを突破、その後5800ドルの高値をつけた。5800ドルは昨年からの重要な価格帯となっており、今後仮にここを超えてくるようであれば、本格的なトレンド転換が確認できそうだ。本日はアルトコインも堅調な動き。ライトコインの上昇が顕著で9%ほど上昇した。コインマーケットキャップによる市場全体の時価総額は前日比で大幅上昇し、20兆円を回復。ゴールデンウィークラストスパートの相場動向も注目となるだろう。


3日のトピック

しかし、上昇する相場とは裏腹に、警戒感も出ているようだ。それが「ビットフィネックス・プレミアム」である。先週金曜日の「テザー問題」以降、ビットフィネックスと他の取引所価格に350ドル程度の価格乖離が発生している。ツイッター上で有名なアナリスト、DonAlt氏は「Bitfinex プレミアムが気になる。それを取り除くために下落する必要があると思います。多くの人が同じことを期待しています、そして空売りしています.それらのすべてが水中であり、でかい資金を払っています。短いスクイズを私に叫びます。今度は弱気派の人々のターンが回ってくるでしょう」と発言。価格乖離が埋まることへの警戒感を示している。