BtcNEWSはここ二週間で、BTCはもう三回連続で7800攻撃をしました。もっと悪いのは、この三輪攻撃の高いところは一回より低いです。量は一回より萎縮します。
もし気勢を合わせて、更に衰えて、3は尽きる規則、7800は段階的な高値になってすでに決まりきった事です。
この二週間、ビットコインは7300付近を行ったり来たりして、転びのない仮相を作っていますが、弱い市場では、いつまでも値下がりするのが永遠の法則です。
もちろん、さまざまな観点の人が心配しています。市場が全部一致して空を見たら、主力は逆方向に操作できますか?01元市のハンドリング戦略は昨年、BTCが3155ドルに最終的に下落した時のパニックは記憶に新しいでしょう。大量の鉱山労働者がダイヤモンドを転売し、鉱山を停止しました。ビットコインで募金したプロジェクト側は資産が縮小するのを心配して、床の価格で市場にチップを投じるようになりました。個人投資家はビットコインが詐欺の疑いを持ち始めました。先を争って切りました。
市場は底知れず、どこで恐慌が起きていますか?これは市場の一致性を見てから暗い時間です。
一致性は空を見ると実質的に空席が大規模に出てくることを表しています。この時に伴う市場現象は貨幣価格が暴落し続け、肉切り盤が出現し、成約量が激増します。
明らかに、現在の市場はすでにオープンしていますが、まだ一貫性のない空模様です。
熊市の根本的な原因はチップの供給が過剰で、もしこのような困難がずっと破られないなら、トレンドは絶対に反転しません。
この時、たとえお百姓さんであっても、大きなお金を握っていても、逆勢で飛刀を迎えに行くことはできません。成り行きによって、3000円の安いチップを受け取ることができます。なぜ7000円で受け取るのですか?この時点で、主力は逆勢いで取引を引き延ばしてただ1種の可能性だけがあって、それはつまり先物市場の多い空の持ち場の人数はきわめてつり合いがとれていませんて、倉庫の利益は引き延ばした価格より大きくて、主力はやっとこのようにすることができます。
しかし、このリバウンドは、短期的なヘッジ行為だけではなく、市場の動向に影響を与えることはできません。
今の市場環境の下で、主力はこのようにする動機がありますか?まず、市場の多くは依然として多頭で優勢を占めています。つまり、多空比が1より大きい状態で、個人が空きを積み上げている状況はまったくありません。
第二に、委比の状況から見れば、大多数の時よりも-50%以上で、つまり毎日大量の空きがたまっていて、どのぐらいの深さが開けても空いています。
(委比=(委買手数-委売手数)/(委買手数+委売手数)×100%
数式から、「委員会」の取得範囲は-100%から+100%までです。
)最後に、貨幣価格の下落の過程で保有量は緩やかに減少しています。
このように、主力はもともと多く作る気がないという事実はすでに明らかになりました。彼は実際にこの空車にいます。
最近、市場資金の面では楽観できません。ここ一週間のビットコインの資金流出量は5億刀に達しました。
US DTがプレミアムに戻らない限り、市場がリバウンドしても、空間は限られていると筆者は考えています。
今後も値下がり率が拡大していくなら、十分に注意してください。これは市場資金の流出問題が深刻化していることを意味します。
なぜ最近は市場の増分がほとんどないですか?答えは厳格なレバレッジ効果によって、場外増量が劇降に流れます。
監督が厳しくなった一ヶ月の間に、取引所のIEOプロジェクトは激減し、資金ディスクプロジェクトも次第に消滅しました。
前に述べたように、IEOと資金ディスクは実際に場外資金の導入に有利であり、デジタル通貨の需要を拡大する。
大まかな統計では、単一PLUSTOKEN、VDS、BRC、EGTの4つのプロジェクトで調達された資金規模は450億元ぐらいです。
仮にそのうち30%の資金が伝統分野から来ていると仮定すれば、IEOと資金ディスクを通じて導入された増分の規模は135億人民元に達する。
このレバーを徹底的に除去します。これは市場の造血能力に必ず大きなマイナス影響を与えます。
要するに、現在の市場はまだ安定志向の信号がありません。陰険な状況の下で左側は賭博と同じです。
ですから、操作の面で、私はみんなに両手の準備を勧めます。一つは空の出庫段階で放散量が暴落した時に左側でバッチリ写し取ってください。二つは市場の放流量が突破性の陽線を待ってから右側で追伸します。
普通の個人経営者が左側の写底が難しいと感じたら、空き倉庫で機会を待ちましょう。
歴史的な経験から見ると、陰険な状況では、一本の放射線を見た後に高い水準を追求するリスクよりも底写りが大きいからです。
02元市の手番相場はBTCを分析します。標準的なM型トップですが、醜さが大きいほど直接的に下がることはないです。ここではまだ2本の反発小陽線を収めて、最後の誘因が多いです。
もしリバウンドがまだ足りないなら、操作上は高く投げたり、直接に空いています。
いずれにしてもこの位置では量がないほど、後市の下落のリスクが高くなります。
この調整は一気に成し遂げることができないと予想されていますが、途中で繰り返される可能性があります。特に7000の整数の関門を割って転落した後、大体の確率でリバウンドがあります。
ETH:今日のリバウンドの過程で、OKEX四半期の契約は連続して複数の万級以上の売空大注文が出てきました。しかも、大口注文書は絶えず空売り価格を下げています。決して時には中単に分割して、空売りの意図は十分に明らかです。
ここで在庫量と多空比が急速に上昇すれば、後市は引き続き下落します。
EOS:今日も空振りの大きな注文に遭って、動きも非常に疲れています。2.6駅に上がるのも大変です。調整は遠くて所定の位置についていません。見るのが主となります。
BCH:ビットコインに向かう勢いで、短期的にはリスク調整を警戒する必要がある。
XRP:完全に物事の成り行くままに従う品種で、参与を提案しません。
LTC:観点は変えていないで、一回の周回の反発の機会が存在して、38-40は次第に低い吸収ができます。
BSV:皿が小さくて、弾力性がいいですが、反発の強さもだんだん弱くなってきています。参加することを勧めません。