LG は、韓国の多国籍企業であり、テレビ、パソコン、スマホなどあらゆる電子製品を制作している大手エレクトロニクスメーカーだ。そして、 LG の子会社である LG CNS は、ブロックチェーンサービスの展開君で企業向け製品を強化していくと発表した。

 

・LG CNS の発表について

2018年8月22日、LG CNS は AI 、IoT、スマートシティなどを含んだ7つの分野に対して、新たな信頼できるプラットフォームを提供することを発表した。

 

具体的に言えば、すでに IBM などのはあらゆる分野に応用できるブロックチェーンサービスをクラウド上で展開しており、すでに世界的な規模で採用されている。

 

また、韓国の大手企業の1つであるサムスンなどもすでに韓国政府と協力してブロックチェーンサービスを行うことを発表している。加えて言えば、 LG CNS ではモナチェーンと呼ばれるブロックチェーンをリリースしており、デバイスによる個人の識別とオンライン決済サービスを将来的に備える予定だ。

 

今回の発表は、 LG CNS があらゆる産業へのブロックチェーンサービスを展開するというものだった。そして、韓国国内では仮想通貨そのものが産業化されつつある。そのため、 LG CNS だけでなく、サムスンなどと共同でブロックチェーンを開発する可能性も有している。

 

・韓国と大手企業

韓国は、今後仮想通貨をあらゆる法律に振り分けたうえでブロックチェーンサービスの採用・開発を進めていく。すでに政府機関である韓国中央銀行や韓国銀行連合では、ブロックチェーンによる顧客 ID の管理などを行っており、今後あらゆる分野でブロックチェーンサービスが台頭していくと見ていいだろう。

 

また、今回の発表では、韓国の最先端技術の一端を担う LG がブロックチェーンサービスを本格的に展開することを八非常していることは市場にとってもプラスの影響が大きい。

 

今後、韓国国内では様々な分野に対するブロックチェーンサービスが展開していく。そして、仮想通貨の価値そのものに影響を及ぼす場合も少なくはないだろう。そのため、今後の韓国の企業でのブロックチェーンサービスの展開や開発状況は要注目だと言える。