金色財経の報道では、EOSシリコンバレー創始者の喻博はこう述べた:脆弱性があるなら、スーパーノードは遠隔制御することができて、制御された後に、ハッカーはプライバシーデータを獲得して、かつ潜在的なスーパーノードのマイニングを利用する可能性が存在します。しかし、このような脆弱性事件は私たちにとって良い教訓になります:開発者たちは、世界中の安全の重要性を意識し、問題を解決しないでは近道はありませんから、code reviewとテストの一環が開発者たちが注目すべきだと思います。抜け穴は短期では市場の混乱をもたらすが、長期的には、ブロックチェーンやEOSネットワークの発展に有効である。