暗号化デジタル通貨領域は狂気じみた資本ゲームが行われている:ビットコイン、エテリアムなどのデジタル暗号化通貨の価格が高騰する一方で、ICOのブームがアメリカから中国まで続き、ICO市場も混乱の極まりでsる。

 狂ったICOの背後の原因は?


ICOは国内で大爆発した原因は?

 主要な原因はICOが齎した「富を創造する効果」である。現在国内の投資ルートの欠乏により、株式市場と不動産市場に対する投資が低迷しており、この前数個のICOが数十倍百倍の財産値上がりの見本効果が原因で、大量なホットマネーがICO市場に殺到し、市場を狂わせたのである。

実際は世の中に不思議なことがない。

 2013年年末から2014年年初に遡ると、その時も市場に大量なICOが現われた、当時はまさしくビットコインの上がり幅が最も大きかった時であった。

 2013年のICOプロジェクトネクストコインNXTは、21個のビットコイン(当時は約6,000ドルだった)を募集し、その後の全盛期にNXTの市場価値は1億ドル(現在は1,000万ドルしかない)を超え、最初の投資者は一万倍のリターンを獲得した。

 この「富と創造する効果」によって、その後の人たちは皆が何とかして類似したICOプロジェクトに参与しようとした。だが、大半のICOは過大宣伝或いは詐欺で失敗した。しかし、今まで最も成功したICOプロジェクトであるエテリアムもあの時に現われたのである。

 現在のICOのやり方は2013年以前の情況とよく良く似た部分があり、違うのは以前はコテージトークンと言われていたのが、今はICOをオープンすると呼ばれるようになった。

ICOは本当に誰でも儲かるゲームなのか?

 ICOのブームの中で皆が恵まれたいのだが、実際皆が見えているのは儲かること自身であり、儲かることの背後にある必然的なロジックを見落としている。どんなロジックなのかについては、次の文章及び最後のカリキュラムで整理する。

 いきなりお金持ちになったケースは確かにある、彼らは絶えず人に注目されてスターになり、本当のことを言えば「生き残ったものの偏差」属する。もっと多くの損した人は余り市場で発声したりしないし、発声したとしても無視されるだけ、儲かった人の声だけが伝播され、それにこれらの儲かった人もある程度の投資ロジックに従っていたのである。

 ICOはお金の印刷機ではない、誰でも儲かるわけではなくて、大量なプロジェクトに巨大なリスクがある。また、投資にはリスクが付き物であり、しかも投資に失敗して或いは詐欺された後に政府が解決してくれることを期待しないほうがよい。

 現在のICOの爆発によって、デジタル通貨市場が崩壊するのか?

 現在はブロックチェーン市場の早期段階であり、インターネットの早期とよく似ている。

 現在の混乱した現象は2000年のインターネットバブル(dot-comバブルとも呼ばれる)を思い出させた。その時期の標は通常「.com」と呼ばれるインターネット会社が不断に成立されることであった。会社は社名に「.com」を加えることで株式価格を高騰させることができた。だが今回のインターネット投機バブルが崩壊したあと、それに伴うのは大量なインターネット会社の倒産、プログラマの失業とインターネット就業市場の飽和であり、しかも投機の冬を齎した。

 では現在のICO市場はデジタル通貨市場の崩壊を引き起こすことがある得るのか?

 まず、ICO市場はバブルが崩壊したとしても、ビットコインに危機を齎すことがない、むしろビットコインはリスクヘッジのツールになると思われる。一部の頼れないデジタル通貨は所有者にビットコインに変えられるであろう。

 次いでは、ICOの混乱した現象によって、一部の劣ったプロジェクトとお金を集めるだけのプロジェクトが暴露される、これは市場にとって非常によい教育であり、このような市場の有効的な教育は、バブルを除去することができる。

 バブルが崩壊することは後期のICOプロジェクトに対してある程度の影響がある、だが、その代わり投資者がジャンクプロジェクトに対する判断能力も高まり、プロジェクトを慎重に扱うようになり、優良なプロジェクトは依然として人気がある。

 なお、ブロックチェーンの時間密度はインターネットの時間密度より遥かに越えている。インターネット業界が経歴したいわゆる「冬」はブロックチェーンにおいでは時間が短いかもしれない、但し、短期間で市場の激震が非常に激しいかと思われる。

 そしてもう一つ重大な区別がある、dot-comバブルの時にたくさんの会社はブラックボックスプロジェクトであり、たくさんのプロジェクトには一つの構想とドメイン名しかない。多くのVCは目を瞑って投資して、投資した後でもプロジェクトの執行情況が分かららず、もしかしたら一年か二年で没になるかもしれない。一方、ICOプロジェクトはすぐに流通市場で取引できる、皆がプロジェクトのコードの提出と開発の進捗、及びテストチェーンと正式チェーンにおける運行状況が見える、比較的にインターネットバブル時期より遥かに透明である。

 なので、持続性から言えば、ICOの生命力がもっと長いかと思われる。

新人に対するアドバイス:ブロックチェーンが分からなければICOを行わないほうがよい

 ブロックチェーンの新人がICOへの参加に対しては、保守的な態度を持っている。彼はデジタル通貨のロジックをはっきり理解してもいない時に、慌ててICOに参加したら、リスクに遭遇する可能性が非常に高いので、新人がICOへの参考をお勧めできないのである。彼はむしろICOに参与してから儲かることはデジタル通貨のたくさんの関連知識を充分勉強して累積した人の特権であり、ほとんどの新人がワナに嵌るだけだと主張している。

 今現われているたくさんの新人が儲かるケースは何れも「生き残ったものの偏差」であるかもしれない、大半の新人が一つの過程を経た後にほとんどが損している。そして一千倍も儲かった人は人に注目し続けてスターになり、皆に儲かる「イリュージョン」であるかもしれない。

 むしろ今の状況では、損している人がすでに儲かる人よりも多いのだが、皆が見えているのは依然として「収益効果」だけである可能性が高い。

 なので、「新人がいかにICOに参加するのか」という命題自身に意味がない、それよりもビットコインを少し購入して勉強したほうがいい方法である。

 また、現在はデジタル通貨の強気相場であり、「ICOが強気相場の時にICOに参与する、弱気相場の時にトークンをストックする」とアドバイスする人がいる。これに対して、実際は弱気相場こそICOの絶好なタイミングであり、その時にしか零細ユーザーがいいプロジェクトに当たるチャンスがない、逆に強気相場の時にICOに参加するリスクが明らかにもっと大きくて、よいプロジェクトがあっても零細ユーザーでは入れないためである。

新人の正しいやり方

 もしどうしてもICOに参与したいなら、クラウドファンディングに参加する前に、必ずこのプロジェクトを研究して、自分に下記の質問を再三問うこと。

  1. このプロジェクトは一体どんな現実問題を解決したのか?

  2. このプレジェ区とは必ずブロックチェーン方式で解決しないといけないのか?

  3. このプロジェクトは法的通貨でもやり遂げられるかどうか?

  4. このブロックチェーン技術の解決方式は効率にも経済性にも大きく高めることができるのか?

もしこれらの質問に一つだけでも不確定なのがあれば、このクラウドファンディングのプロジェクトには問題があるかもしれない。

 ビットコインとエテリアムはどう思うのか?

 ビットコインとエテリアムは全く違うものである。ビットコインは通貨であり、エテリアムはプラットフォームである。工業施設と同じように、もしビットコインをゴールドとして扱えば、エテリアムはTCP/IPプロトコルのような存在である。

 この角度から見ると、ビットコインはゴールドとして転覆される周期が長く、将来はTCP/IPプロトコルを取って代わるプロトコルが現われ、しかも周期がビットコインよりも速いかもしれない。例えば今のEOSなどでもエテリアムに挑戦できるかもしれない。

 今購入するのは公平なのかどうか?

 ビットコインの価格が一ドル以下からすでに2,000ドル以上まで上がり、たくさんブロックチェーン資産も数千倍も高騰しており、早期の安値は早期の参与者にしかない待遇であるので、新人にとっては不公平ではないのか、ポンジスキームに類似していないかと思っている人がいる。

 まずビットコインを数年間も持っていられる人、例えば一ドルから百ドルまで握った人はすでに稀であり、彼らはここ数年間の全てのリスクを担っていた。さらに大きい規模の高騰を経歴してももっと長く持っていられる人は、エリート中のエリートなので、彼らが儲かっても当たり前のことである。

 それから、今購入しても公平なのかどうかということが存在しない。現在の価格はすでに数年間のリスクの洗練を受けて価値が検証された価格である。もし価格が不公平だと思うなら、今からビットコインを買った場合のことを想像してみよう、例えば10年後にビットコインの価格が10万ドルを越えた場合、今の購入するチャンスは実は公平であって、今買わなければ不公平も存在します。

ブロックチェーンの投資リズム

 インターネット時代では、全ての業界の発展と投資は何れもツール、ソーシャルからビジネスまでの三つの段階の発展を経歴している。では、ブロックチェーンでも同じような発展ステップがあるかどうか?

 現在、ブロックチェーン業界では、ベースチェーンと応用チェーンに二つの段階に分かれている。優れた投資組合せは、ベースチェーンに対する投資を重点として、応用チェーンは期待できるアプリケーションを注目することである。時間密度が大きいブロックチェーンの場合、二股をかけたほうがよい。

 また、ブロックチェーンの発展のレベルでは、中国のブロックチェーンの発展はすでにアメリカよりも劣っていない。アメリカの数十個の州の法律が異なるので、ブロックチェーンの発展の足を引っ張っている。

 そしてブロックチェーンの業界の浸透においても、独特な中国チャンスがある、何せよ規模的な応用は合法性、文化とプロモーションなどにおいて、いずれも中国の国情にふさわしくないといけないのである。

ブロックチェーンは長期的な利益市場である

 将来のブロックチェーン技術は至る所にある、その理由は、ブロックチェーンはインターネットをもっと信用できるようにすることができるためである。そして将来の高併発的なブロックチェーン技術が現われた後、ブロックチェーンは更に信用されて、応用されるかと思われる。

 ブロックチェーン当市市場は長期的な利益市場である。3年、5年、若しくは10年を見た場合、ビットコイン及びその他の関連基礎価値資産の価格が依然として巨大な上昇空間がある、これは世界財産移転の必然的な結果である。だが、短期から見ると、最近ずっと記録を更新している市場には、必ず逆方向の力がある、しかもこの業界に色んな噂があって、もっと多くの新しく加入した人が噂と波動に繰り返して収穫される、なので、短期市場に激震と波動が現われても、全く普通のことである。

 現在はもっともいい時代であり、もっとも悪