安値から回復し、堅調な推移をしていた仮想通貨市場だが、週の後半は調整の動きが続いている。それでも、下値はサポートをみせ、底堅さがわかる値動きとなっている。


31日仮想通貨市場

今週のビットコインは28日に節目である7000ドルを突破。高値7150ドルを記録するが、その後は反落、31日は6900ドルで取引された。高値をつけてからは、調整の展開となっているが、ビットコインは6800ドルがサポートされており、底堅さもわかる展開となっている。アルトコイン市場も、ビットコインとおおむね連動した動きで、一定の下値がサポートされ、31日はと。取引された。


年末への上昇に向けては9月1週目の動きが大事?

ビットコインが年末に1万ドルへ復帰するには、9月1週目の価格が重要だという専門家がいる。米国大手仮想通貨OTC取引ブローカー「Genesis Trading」のCEO、マイケル・モロ氏は、CNBCの番組に出演し、そうコメントした。同氏は、9つのETF否決でも(現在は再審査になっている)相場が6200ドルを維持できたのは、弱気相場が終わっていることを証明しているという。さらに、1万ドル回復へむけて最初の重要な価格帯は7150ドルとの見解を示した。9月1週目まで7150ドルを突破し、これを維持できれば、投資家のセンチメントも改善するとコメントした。


海外掲示板で一般投資家が市場に戻る前兆?

今週話題になったのが、米で5位、世界でも14位のアクセスを誇る掲示板「Reddit」でビットコインカテゴリーのアクセスが2018年で初めて増加に転じたというトピックだ。ビットコインの価格は、検索数に比例するとの指摘もあり、Redditでのアクセス数増加が、今後の価格上昇の前兆かもしれないということだ。Redditの創業者オハニアン氏もこのことについてツイッター上で発言、「ビットコインは価値の保存の役割も果たし始めているが、初期段階に過ぎない」とツイートした。Redditのアクセス数で必ずしも価格が上昇するとは言えないだろう。しかし、モロ氏も指摘するように、安値から回復した仮想通貨市場が来週以降も上昇していけるかは注目だろう。