税率を上げるという「無謀」なやり方は、恐らく提案された瞬間に社会で非常に強烈な反響を引き起こすだろう、アメリカ政府も勝手に税率を上げたりすることが心細くてできない。もっと可能性があるのは、暗号化通貨を直接禁止することである。しかしこのような「一刀両断」の乱暴なやり方も、メリットが見られない。

 暗号化通貨は脱税と違法行為に温床を提供したが、それは金融業会に極めて大きなメリットを齎すこともできる、例えば取引コストの低減、人々が中心化銀行に対する依存を低めるなど――この角度から見れば、アメリカ連邦準備制度理事会はもしかしたら最大の勝者になる、その理由は、それが通貨の発行と金融業界を規範化にする能力は強化されるからである。

 「ニューヨークタイムズ」は、一つの有効的な方案は、今の収入に対する徴税を、支出に対する徴税にシフトすることであると主張している。しかもアメリカの大半の州は消費税を徴収している(シカゴは10.25%もの消費税を徴収している)、なので市shつに対する徴税の民衆の思想基礎が非常に堅実である。しかし、そうすると、税法がかなり大きく修訂されないといけなくなる。

 また、筆者にも疑問点がある:もし誰かがブロックチェーンで匿名で消費すれば、政府はどうやってこのお金が誰が使ったのかを調べるのか?支出に対する徴税も難題に直面しているようである。それが分かる方がいれば、早く教えてください!

 でももう一つの方面から言えば、徴税の問題は、アメリカ連邦準備制度理事会と国税局に心配させる以外、「チェーン圏」と「トークン圏」自身も如何に解決するかを考慮しないといけない。もし長期的に発展し、最終的に毎日の取引が担える流通媒介になろうと思えば、暗号化通貨は必ず自信の「闇」と「不合法」の属性から脱出するように努力しないといけない。

 しかし、国税局が直面している色んな挑戦と同じように、チェーン圏トークン圏の人もこの問題に対して頭を抱えている:一つは、如何に匿名性を保った同時に、国税局にも十分の徴税情報が取得できるよにするのか?このバランスが非常にコントロールしにくい;一方、ブロックチェーンが誕生した原因の一つは、まさしく政府を含めた中心化機構を信用していないからである。なので、この圏内の人に自分の身分と行為を政府に暴露させるのは、技術自身の出発点と衝突が発生することにもなる。

 とにかく、国税局が暗号化通貨に対する心配は、それなりの理屈があるのだが、短期的には解決法がない!