数博会の“ブロックチェーン”のハイエンドの対話の現場の最高峰の対話の一環で、北京大学の光華区の鎖の実験室の主任の劉教授は表しています:“中国は独自のデジタルの資産取引所を持つ必要があります。監督管理して終わるのではありません。私たちは独自のデジタル資産の取引所を考えるべきだ。私たちは大国として、デジタル資産の定価権を争うのか、それとも言葉の権利であっても、デジタル資産取引所を開発しても、非常に必要なものであり、我々は比較的良い監督管理の経験を模索していく。