テキサス大学金融額の教授ジョン・グリフィンと大学院生のアミン シャムスが発表した論文によると、昨年価格上昇したビットコインやその他の主流の仮想通貨の少なくとも半分は、価格操作活動によってもたらされた可能性があるという。今日日経CNBCのファーストマネーという番組で、 アミン シャムスはどの投資家でも市場から得る必要のあるものはまず信頼であり、市場は自然成長を達成するためには完全性が必要であると示した。2017年のブームでのビットコインや他の仮想通貨の価格の上昇はすべて需要に支配されるわけではないかもしれない。彼はまた、異なる仮想通貨の価格は相互に関連しており、異なる仮想通貨を区別することは困難であることを指摘し、すべての仮想通貨の価格が「価格操作」によって影響を受けることを発見した。ビットコイン クジラについて尋ねられたとき、彼はビットコイン クジラがあるかもしれないと認めたが、特に注意を払っていないと述べた。