CCNニュースによると、金融ジャーナルRisk.neの報告によると、S&Pグローバル・レーティング、ムーディーズ及びフィッチグループは皆ビットコイン先物取引市場の取引の増加について懸念を表明しているという。 これらの金融商品の取引量が次の数ヶ月で継続的に増加する場合、格付け機関はビットコイン先物を清算する銀行のランクを下げるかもしれないという。ムーディーズのマネージング ディレクターアナ・アーソフ氏は銀行のランクを決める際、ビットコイン先物の清算業務を「信用のマイナスな部分」と見なすと述べた。S&Pグローバル・レーティング社のグローバル金融機関格付け責任者、ティエリー・グランパン(Thierry Grunspan)氏は仮想通貨清算銀行に対し、取引量が急激に増加する場合、一部のヘッジファンドの顧客が頻繁に取引していることを意味しているので、追加のリスクを与えると述べた。