3)Ripple技術の着地。Rippleはxcurrentと自分の決算技術を通じてすでに世界の多くの銀行のテストを合格し、しかもその内の多くはすでに実用段階に突入している、詳細はグーグルで調べればよい。最近の一回で、12月のテストプロジェクトは三井住友銀行などの61社の日本金融機構と韓国二大銀行の友利銀行と新韓銀行が含まれる。もしそのテストが成功すれば、日本と韓国間のクロスボーダー支払いは2018年1月31日にスタートする。しかもRippleのブロックチェーンコンセンサスプラットフォームはすでに日本国内でのテストに成功した。当然、銀行がripple protocalを使用したとしても、かならずしもxrpを使って清算しないといけないわけでもなく、自分のネットワークが発行したiouをしてもよい。しかしrippleの白書ではすでにxrpを使用するのはiouよりももっとコストが安いと明らかにしている。もちろん地方の政策で銀行がxrpを所有することが出来ないとしても、xrpを持ったマーケティング業者を通じて清算し、コストを削減すればよいのである。

 当然、他にもxrpの暴騰を引き起こした原因がたくさんある、例えば益々多くのクロスボーダー資産に投資する基金会社、それから貿易会社はコスト低減のためにxrpを使用し、さらに多くのヘッジファンドがこの市場に進出、ゲートウェイの間での取引コストが0に近いので、xrpが多くの基金マネージャの必需な暗号化通貨となった。

 二つ目の問題について、xrpの総量は年々減少している。これは全ての取引に0.000001xrp、即ち10dxrpが消耗され、1xrpイコール1000000 dxrpなので、つまり100,000この取引で1xrpが消耗される。今後銀行或いは会社が使用した場合ネットワークが過負荷になり、コストが10dxrpを超えることになる。そうだとしても、一秒に1,500個の取引があった場合、100bのxrpは211,399年でしか使い切ることができない。具体的な計算方式は下記の通り(もし間違いがあれば指摘してください):

1500*60*60*24*365*0.00001*=473040 xrp

100b/473040 = 211399年

 なので、毎年の消耗が無視できる程度で、わずかなデフレの傾向があるのみである。