上海市政府のニュースでは、「2017陸家口フォーラム準備作業と主要活動」の発表会で、中国人民銀行(中央銀行)上海本社副主任の孫輝度副主任は、6月にビットコインの監督文書に関する情報が出ていないことを明らかにした。次の監視の方向と傾向については、今のところ最新の情報はないという。「しかし、私たちは基本的な原則として、ビットコインに対して適切な措置をとる」と述べた。中央銀行の孫輝度副主任は7日、上海市政府の記者会見で、インターネット金融リスク集中整理は2016年から、この2年間で明らかな効果を得ており、リスクが大幅に低下し、増量リスクが有効になることを明らかにした。全国の規制違反業務の規模は5 %近く減少し、違反機関が大量に市場を脱退した。また、新しい分野のリスクも解消しました。例えば、国内のビットコイン取引プラットフォーム、ICO整理整頓と取り締まりの仕事はすでに基本的に完成しました。「現金ローン」の整備も着実に進んでいる。現在、国内のビットコイン取引プラットフォームはすでに市場から撤退し、ICOはすべて取り締まり、金融リスクを防ぐ決意と効果を体現している。