税収は政府の主要経済源である。国税局はこの問題の肝心なところが分かっており、これはなぜ国税局が最近一連の努力をして、暗号化通貨の匿名性を打破しようとしている原因である。例えば去年の11月、国税局が極力一人の連邦法官を説得し、後者に著名取引所Coinbaseにその14,000個のアカウント(900万回近くの取引が発生した)の登録情報を公開するように命令させようとした。

 また、ブロックチェーン技術の原因で、国税局は暗号化通貨の取引収益に対して徴税することが難しい。例を挙げて説明すると、例えばあなたにA、B、Cの三つも電子アカウントがある。7,000ドルの価格で、Aアカウントで一枚のビットコインを購入した;3時間後ビットコインは7,500ドルまで上がって、あなたはそれをBに移り、それからさらにBからCに移った。数ヵ月後、ビットコインの価格が10,000ドルまで値上がりした時に、またそれをCからAに戻す。税金申告の時に、国税局には、「一枚のビットコインを匿名アカウントBに売って、500ドルの利益があった、それから価格が10,000ドルまで値上がりした時にまた一枚購入したので、私が徴税されるべき収益は500ドルだと言えばよい。

 アメリカの法律では、全ての金融機構は口座開設人の真実な身分を認証しないといけないと規定されているが、これはブロックチェーンに対して何の役にも立たない。ブロックチェーンにあるアカウントは簡単に国外の機構に設立してもらい、アメリカ法律の監督から脱出することができる。

 アメリカ政府は当然目を瞑っていられない、特に国庫が空虚している背景では尚更である。かつて国庫の赤字を補填するように承諾したアメリカ大統領のトランプは、執政してから二年経つが、アメリカの債務総額が下がるところか、上がる一方で、近日ですでに21万億ドルを突破した…なので政府は必然的に対策措置を見つけるが、今のところ政府が一体どうするのかが分からないだけ。

 一つの推測では、「闇経済」の規模拡大による税収損失を対応するために、政府は直接税率を上げるかもしれない。しかし、経済学の常識では、高税率は経済損失と弱いGDPを引き起こして、深刻な結果を齎しやすいのである。