仮想通貨取引所Geminiが、ステーブルコインGemini Dollarを発表したことは記憶に新しい。ステーブルコインは最近、仮想通貨市場で人気の高い仮想通貨であり、先駆けであるテザーは仮想通貨時価総額ランキングのトップ10以内に位置している。

 

加えて言えば、ステーブルコインに人気が集まっているように、仮想通貨市場では通貨に対する信頼性や安定性が強く求められている。2018年も残り2ヶ月となった時点で、日本だけでも2回大きなハッキング事件が起きており、仮想通貨市場に悪影響を与えた。

 

そして、Geminiは取引所として、Geminiが保有・運用する仮想通貨に対して保険を適用することを発表した。

 

Geminiの仮想通貨保険適用について

Geminiの今回の件適用は、アメリカの大手保険会社AON社と共同して行うものだ。金融機関のほとんどは、保有する資産に対する保険を適用している。しかし、仮想通貨市場における保険適用は限りなく少ない。

 

仮想通貨取引所で保険が適用できない理由は、仮想通貨そのものが安定性を欠いており、保険としてサービスを提供しても資産に対する補償金額の算定が難しいことにある。

 

もっとも今回は、法定通貨ではなく仮想通貨そのものに対する保険であり、Gemini が発行するステーブルコンイであるGemini Dollaもその対象となると予想され、同社のステーブルコインに人気が集まる可能性が非常に高い。

 

保険期間が信頼性を担保として、Geminiのユーザーの仮想通貨を保障するということは、Geminiは経営体制・収支など様々な面で仮想通貨市場において、優位性を有していることの証明にもなり得る。つまり、Geminiが仮想通貨市場を牽引する存在であり、今後もその立ち位置は大きく変わらないとAON社は予想したということだ。

 

仮想通貨市場の状況は、2017年とは大きく変わっている。しかし、ブロックチェーンをはじめとするプロジェクトのほとんどは始まったばかりだ。そして、今後の仮想通貨は顧客に安心感を与え、取引所として信頼できる仮想通貨取引所が生き残っていくとみて間違いない。