金財経が6月3日に現地によると、今日のイーサネット技術とアプリケーション大会では、エーテル坊の創始者Vitalik Buterinが「Casperと分割技術の最新の進展」と題したテーマ演説を行った。もし1つのノードがNの取引を処理することができると仮定して、それではメインチェーンはNの断片を追跡することができて、すべての部分でNの取引を処理することができて、それでシステムは全部でNの2次の取引を処理することができて、そのためこの提案は2回の断片だと言います。