シンガポール知的財産所有権局(IPOS)は特許出願のプログラムの推進を早めると発表し、シンガポールブロックチェーン療育の企業はもっと速く特許の承認が取得できるようになる。IPOSのホームページにある公告によると、特許は6ヶ月以内で承認を取得することができる。一方、正常の出願が承認を取得するのに少なくとも2年間かかる。

 2018年世界知的財産所有権のイベントで、貿易工業部及び教育部高級議会秘書の劉燕玲がこのプロジェクトを発表した。世界各地の191カ国のメンバー国の200人が今回のイベントに参加した。

 このプロジェクトはシンガポールスマート国家アジェンダの一部であり、東盟がFintech解決方案に対する日々成長する需要を満足するために、企業、新規企業に解決方案の開発を激励し、それにシンガポールの金融基礎組織と管理監督の政策範囲内で運行する。

 このプロジェクトはシンガポール金融管理局の2.25億ドルの金融部門技術と革新融資プロジェクトに対して一

つの補充であり、シンガポールFintech領域の発展を促進するためである。

 商務部は、デロイトが44個のセンターに対する研究に基づいて、シンガポールとロンドンはすでに世界ファストラインのFintech陣営に入っていると明らかにした。

 IPOSチーフ執行官の唐大仁は、一つのFintech特許を承認するように必要な時間を大幅に短縮すれば、我々の企業は知的財産所有権を通じて競争することあでき、これらの知的財産所有権を利用して規模を拡大して、快速に世界市場へ進出することができると示した。それと同時に我々はもっと多くのFintech領域の革新が現れることを期待している。Coreは我々の日常生活中の取引方式を改善し、我々の民衆に更なる便利さを齎すことが出来るだけではなく、シンガポールが知能国になるようにさらに堅実な基礎を構築したのである。

 MASチーム金融技術官のソプネンド・モハンティ(opnendu Mohanty)は、市場の進出時間が極めて重要な業界として、Fintech特許の快速処理によって、企業がもっと早くその製品或いはサービスを商業化にすることができ、もっと多くのFintech領域の企業がシンガポールへの進出を惹きつけ、シンガポールのFintech生態システムの更なる強化を促進することができると述べた。

 シンガポールFintech協会総裁の頼家宏は、シンガポールFintech業界は迅速に成長しており、イノベーションを核心として、特許出願のプロセスを早めることによって企業がもっと早く上場することができる。