ブロックチェーンからビットコインに変わると叙述した

 ヒルベルトはビットコインが発展し続けたストーリーも言及した、彼は人々がビットコインとブロックチェーン技術に対する観点が進展に伴い変化が発生するかもしれないと解釈した、彼は:

 『もし私は推測しようと思えば、我々の叙述方式は六から十二ヶ月以内で変化が発生する、今までそのラベルはチューリップバブル、くるっと暗号化無政府主義、シリコンバレーの産物である。今それは面白い技術へと変身したが、六ヵ月後に、それが一つの偉大な技術であり、非常に面白い通貨になる、それから弁論は「それはビットコインなのか、それとも他の何かなの?」に変わる』と述べた。

 銀行は最終的に自分らがビットコインが必要だと分かってくる。

 ヒルベルトが提示した最後の観点は、あれらのビットコイン或いはブロックチェーン技術を使用としている大手金融機構がビットコインこそ精確な解決方案であることが分かるまで時間が掛かることである。これは同じようにその他のブルックチェーン技術を使用しようとしている企業と組織にも適用する。その内の一部の人は堅持してビットコインを使用しているが、後のヒトラは自分の競合トークン、若しくは全く新しいブロックチェーンを作成しようとしている。ヒルベルトは:

 「あなたが銀行と長いこと周旋していると(これには相当長い時間が必要)、彼らは一つの結論が得られる、これこと将来である。彼らが同じく得られる結論こそは、清算、決済或いは取引の将来はとあるものになることである――それはビットコイン或いはその他のものであるかもしれない、これこそ将来の取引を処理する方式である。そして私の観点は、それがビットコインである。彼らは自分の物(競合トークン)を試みようとするかもしれない、しかもたくさんのこのようなタイプのプロジェクトがすでに振興している。この点を理解するために相当の時間が必要、だが叙述の角度からみれば、私は二三ヶ月前ではなくて、むしろ今からそれを受け入れたほうがよいと思っている。

 明らかに、ヒルベルトから見たら、銀行にとってビットコインはブロックチェーン技術の正確な選択である。しかし、業界内には他の声もある、例えばHyperledgerのティムスワンソン(Tim Swanson)は銀行が実はビットコインから脱出することができると主張している、その理由は、彼らには完全な脱中心化を必要としていないかもしれないためである。