バンコクのポスト紙によると、タイ証券取引委員会(SEC)は昨日、仮想資産取引規制の詳細を発表した。これらの詳細は、仮想資産への規制を目的としていると考えられている。具体的な詳細は以下のように:1、すべての市場参加者がデジタル資産取引を含むICO発行者、デジタル取引所、ブローカー、トレーダーは、発効日後の90日にタイSECに登録しなければならない。3、各ICO製品は、機関投資家と超高純価値投資家に制限のない投資を提供することができますが、個人投資の上限は30万タイバーツ(約6万元)、4、ICOノポータルサイトはICOサービスを少なくとも1年を提供します。資本最低限度額500万バーツ(約100万元)、5、財政部はデジタル資産取引に関連する企業を許可してタイの登録会社となり、デジタル取引プラットフォームの前払い料は500万タイバーツ(約100万元)、6、デジタル取引所の年費は取引量の0.002 %で、最も低い料金制限額は50万バーツ(約10万元)。最高限度額は2000万バーツ(約400万元)だった。仲買会社の年費は総取引量の0.001 %で、最低料金限度額は25万バーツ(約5万元)、最高額は500万バーツ(約100万元)。