ロシアでは、かねてより中央銀行発行の仮想通貨が計画されてきた。仮想通貨に関しては、ロシアは、懐疑的な見方を崩してはいない。特に、犯罪対策としてあらゆる取引の監視ツールの導入を発表している。しかし、首相であるプーチン大統領も仮想通貨に関する情報や技術に詳しく、ブロックチェーン技術については政府機関でも既に運用されつつある。

 

そして、ロシアでは今後、現行の法定通貨であるルーブルと等価になるステーブルコインが発行される可能性が出てきた。

 

・ロシア発行のステーブルコインについて

ロシア中央銀行によるステーブルコインは、金融市場委員会のアクサコフ委員長が検討の主導となっている計画だ。あくまでも、計画段階であり、計画は頓挫する可能性もあるものの、ロシアではかねてより独自の仮想通貨を発行する計画を立ててきた。

 

現状のデジタル通貨と法定通貨は、例え同じ価値を持っていたとしても、デジタル通貨はその価値を国家的に保証されている訳ではない。発行している企業や機関が保証を行っているものの、Tether のようにペッグしていたはずの法定通貨と価値の乖離を起こすというパターンもある。

 

もっとも、国にステーブルコインの発行となった場合、今までのステーブルコインの在り方が大きく変わることになる。国が発行し、国が管理することから法定通貨と同じ価値を有しながらデジタル通貨のメリットを獲得することになる。国がデジタル通貨に対応できるシステムを構築する必要があるものの、既存のインフラを大きく変革させる必要はない。

 

また、今回のステーブルコイン発行の話題に関してはあくまでも計画であり、今後実施されるとは限らない。しかし、国家として初のステーブルコインの発行となれば世界から大きな注目が集まることは間違いない。加えて言えば、財政としても仮想通貨を発行することで世界中の投資家やユーザーに存在感を示すことが可能であり、ロシアに経済に対しても貢献できる可能性が高い。

 

ロシアでの仮想通貨発行はかねてより、何度も囁かれてきた情報だ。今回の発表はあくまでも計画であることを念頭においてロシアの動向を見守っておこう。