Coindesk4月26日の報道によると、ネットワーク技術大手のシスコ(Cisco)は火曜日に新しい特許を取得し、該当特許はビットコインの発掘に使用できる。

 アメリカ特許と商標局(USPTO)の情報によると、Ciscoは2015年9月に「クラウドソーシング計算」に使用する特許出願を申請した。該当特許はコンピュータ所有者がエネルギー密集型のマイニングのプロセスを含めた某プロセスに未使用の処理能力の提供する概要を説明した。

 資料はユーザーが以下の彼らの資源を分配することによってクラウドアプリケーションの為に専用の計算力を創立するかについて説明した。それから、クラウドアプリケーションは各種の目的に応用される。

 Ciscoは、「該当モデルは分散式処理とサービスが提供でき、スピード、数量、規模、弾性、コスト、法規の遵守性などの多方面に対して最適化を行うことができる。そのうち一つのケースはビットコインのマイニングに関連し、これは密集型計算に対する要求が非常に高いかもしれない、全てのマイナーに徒って、「マイニングプール」でマイニングするのは何れも便利ではない。」と指摘した。

 シスコは資料の中で分散式処理のメリットを挙げ、そのシステムは簡単に弾性拡張ができ、しかもとある形式の攻撃を抵抗することができると述べた。また、当社は、サービス提供業者が地理分散を利用してネットワークのアップロードをアンインストール或いは最適化することができ、大規模、低コストの計算と保存能力を転売することができると披露した。

 情報によると、シスコはブロックチェーンアプリケーション、特にオンライン設備或いはユビキタスネットワーク領域における数多くの企業技術会社の一つである。当社はブロックチェーンのその他の用途に特許を申請しており、そのうち、グループチャットのデータの追跡に利用できる特許も含まれている。

 ブロックチェーン技術の絶えずの発展に伴い、世界各大手企業は次々と各自の領域でブロックチェーンアプリケーションの探索を展開した。

 ダチョウブロックチェーンが3月28日の報道によると、アメリカ自動車メーカーのフォードはブロックチェーン技術の新しい特許を取得し、該当特許は自動車が道路でお互い通信できるようにして、交通の渋滞を緩和することができる。

 また、ダチョウブロックチェーンが4月18日の情報によると、近日、科学技術大手アマゾンの子会社であるアマゾン科学技術(Amazon Technologies)はストリーミングデータ市場に関する特許を正式に取得した、この技術によって、購読ユーザーがリアルタイムで暗号化通貨取引のデータを受信することができる。