coindeskのアナリストによると、BTC価格は昨年12月の高点19891ドルと6000ドルに形成された楔形の位置を割って、長期的な転落の傾向を示している。M5とMA10は横倒しが形成され、同時にRSIの相対強弱指数は50を下回っているが、下がるのは6000ドル(2月低位)、4496ドル(周線MA100)と3300ドル(2015年8月から2017年3月までの低点)。4時間図の上で、RSIは極端な売れ過ぎ状態を表示して、リバウンドの需要があって、7000ドル- 7240ドルまでリバウンドして、10日の平均的なMA10の終値だけは7444ドルより高いということができて、これで反落が無効と説明することができます。