ビットコインはもっとも有名な仮想通貨です。分散型台帳やブロックチェーンシステムなどビットコインから生まれたネットワークシステムは、世界中で開発・採用されています。

 

また、仮想通貨市場においては、仮想通貨市場全体の基軸通貨であり、ビットコインの値動きによって市場全体の価値が左右されることも少なくありません。そして、9月8日に行われた大型アップデートによって、ビットコインの機能性が大きく変化すると見られています。そのため、今回行われたビットコインのアップデートについて触れできましょう。

 

・ビットコインの大型アップデートについてのまとめ

ビットコインの大型アップデートの内容でポイントとなる点は、まず新しい開発言語の追加です。 Pieter Wuille氏によれば、新言語の追加によって、ウォレットのセキュリティ性を上げると同時に、ビットコインのウォレットを目的別に分けることが可能となります。そのため、ウォレットごとにアカウントを取得する必要がなくなり、ビットコインの使いがつては大幅に向上することになると言えます。

 

次に、Partially Signed Bitcoin Transactions(PSBT)と呼ばれるシステムの採用があります。PSBT は簡単に言えば、ビットコインの取引をオフラインで行うことを可能とするシステムです。つまり、ビットコインの取引においては、必ずしもオンライン環境が必要ではなくなった上で、ブロックチェーンの負荷も軽減されることになります。

 

また、 PSBT ではハードウェアウォレットのサポートを行い、設定そのものもより使いやすいものに向上することを目指しています。従来のハードウェアウォレットは、オフライン環境であるためにセキュリティ性は高くても利便性に欠けていました。しかし、 PSBT ではオフラインで取引可能であるため、既存のハードウェアウォレットの持つデメリットを解消することが出来ます。

 

 

そして、今回のビットコインのアップデートでは、 Coin Selection などの新しいシステムも実装されることになります。Coin Selection はビットコインのスケーラビリティ問題に対処するためのシステムです。提供されるデータ処理能力次第では、ビットコインの代わりとして期待されているビットコインキャッシュの価値に大きく影響を与えると予想できます。

 

また、ビットコインのスケーラビリティ問題が解決され、著しく通貨としての性能が向上する場合には、仮想通貨市場全体が大きく盛り上がる可能性があります。その為、今回のビットコインのアップデートでは、ビットコインの価値の変動と性能に要注目だと言えるでしょう。