「ビットコインは応用価値があるブロックチェーン資産なのか?」

 「そう、ビットコイン自身は一つのブロックチェーン資産であり、そしてそれの応用は非常に幅が広く、ビットコイン自身の位置づけはP2Pの現金システムであるので、支払い、取引、振込みのような通貨特性こそがそれの非常に価値がある応用である。どうしてこの応用に価値があるのか?ビットコインは法的通貨が解決できない問題が解決できるためである。例えば銀行システムを経由せずに海外送金と支払いを高効率に行うことができる。」

「もう一個のトークンを発行すれば、同じように支払いを応用にしてはどうなのか?」

 「意味がない、ビットコインはすでに法的通貨が解決できない問題を完璧に解決しており、しかも過去の数年の発展に伴い、大勢のユーザーがある。改めて一つのトークンを発行して、支払い、取引、振込みの領域で応用しようとしても、あらためてホイールを発明しているだけではなく、誰も使いたくないボロボロのホイールを発明している。私はビットコインをコピーしているものがビットコインの現実価値を超えられると信じられない、なので、支払いを主要応用方向とするほかのトークンは全く意義がなく、しかも本当の規模がある応用になる可能性がない。」

「本当に応用があるブロックチェーン資産はどんな特徴があるべきなのか?」

 「ビットコインという現実世界と直接ドッキングした通貨システム以外、他の全てのブロックチェーンの応用は、まず現実社会のとある問題を本当に解決できないといけない、しかも、この解決方案は伝統的な非ブロックチェーン方式よりもっと優れた経済性と効率がある、このような応用は実際の使用過程中に消耗しないといけないブロックチェーン資産でしか応用があるブロックチェーン資産がと言えない;もう一つの可能性としては、現実資産が本当に対応する権益証明とすることができて、しかも現実の権益があれば、応用があるブロックチェーン資産の一つの特性になれる。」

「例を挙げて本当に応用があるブロックチェーン資産を説明してもらえるのか」

 「もちろん、例えば、FACTOMはブロックチェーン方式で存在証明を解決している、この過程中に消耗しないといけないFCTこそは本当に応用があるブロックチェーン資産である」。

 「また、脱中心化クラウドストアを扱うツールは、現在の各種クラウドマーケットが政府に取り締まられた背景では、大きなビジネス潜在力があることに気づいている、このような応用に消耗する資産も、明らかに価値がある。」

 「それから、バビットコラムの配当トークン8CS、配当数量とバビットコラムの収益と直接関連している、これは株式の特性に類似したブロックチェーン資産に属し、本当に現実世界の収益とドッキングする応用である。これは疑うまでもなく、本当のブロックチェーン資産であり、その応用こそは権益の回答と譲渡可能の特性である。

「応用があるブロックチェーン資産は必ず投資する価値があるのか?」

 「もちろんそうではない、応用があるのは一つの要素だが、この応用が成功できるかどうかはもう一つの問題である。ビット株(BTS)はその最初の理念から言えば、非常にいい応用である、脱中心化の取引所、通貨へのアンカー、資産の発行と管理、これらは何れも非常に価値があるが、開発チームの管理者自身の問題の原因で、この品種に投資したほとんどの人が失敗している。なので、どんなにいい理念でも、現実の磨きが必要、投資価値があるかどうかは、市場しか答えることができない!」

「投資できるブロックチェーン資産を推薦してもらえるか?」

 「投資は昔から個人のことであって、もし私が何に投資したら必ず儲かると確実に分かっていれば、私は神様なのか、ディーラーなのかどちらかであるが、残念ながら私は何でもない。唯一私ができることは、私が投資する意欲がある品種のチーム背景を充分に調査して、ひいては開発チームの全員の背景まで縛れてから、市場状態に基づいてある程度の評価を行い、それから組合わせた投資を行うことである。これは私にできる唯一の方法であり、参考になるかもしれない。」