このほど、TST雷石ゲームから発売された「暗号化ワールドカップ」というテーマゲームのラインアップは、32の国のサッカーチームが資産として売買することができ、所有者は配当などの多額の権益を得ることができる。その中で、優勝した大ヒットの「ドイツチーム」の解放後3分で32ETHとなり、交換は47回に達した。これによりますと、TSTは、ブロックチェーンゲームの自主的な開発、運営、配給、ToKen経済システムを含むゲームのシステムを構築し、現在では「暗号化ワールドカップ」以外にも「BlockDino」、他の製品は下半期に続々と発売されます。現在、TSTシステム組合は、公信宝、星雲チェーン、Neo Game(小蟻ゲーム)、天算、Xmax、ICSTなどが含まれている。