日経新聞の報道によりますと、日本の神奈川県、宮城県など10の地域警察当局は、16人の犯罪容疑者を逮捕しました。彼らはインターネットを使ってユーザーのコンピューターを訪問し、不正な通貨のマイニングを行っています。逮捕された容疑者は、18~48歳の社員や学生、そして男性だったということです。日本の警察庁は、相手の同意や許可を得た場合、違法ではないとしています。