中国銀行保険監督管理委員会は6日、「分散式口座、ブロックチェーン、デジタルマネーの発展と規制研究」の作業論文を発表しました。論文では、分布式口座、ブロックチェーン、デジタル通貨に関連する資金取引決済、派生製品取引、ICO融資、取引場所などの活動はいずれも法定金融業務となっており、それに応じた金融規制の枠組みに組み入れ、許可の範囲内で、慎重に経営しなければならないと指摘しています。論文は、金融科学技術の急速な発展に対して、監督者は「技術の中立性」の原則に従って、金融事業の本質に従い監督管理を実施し、市場の公平な競争を維持し、直ちに金融科学技術インターネット金融事業に対して「透過性」を実現し、「技術」の名目で違法な金融業務を違法に展開することを防止します。金融機関と科学技術企業との協力関係を監視し、情報科学技術のリスク、アウトソーシングリスク、その他の操作リスクの管理を強化するとともに、追跡研究と監視分析を強化し、専門知識、人材チーム、政策措置などの面で準備を進めています。