暗号か経済システムの積極性と秩序があるメカニズム――経済学の手段

 しかし、一つの脱中心化システムに安全と安定だけではまだまだ足りない、システム上に様々な参与者がいる、如何にこれらの参与者が全体のシステムに有利な方式に従ってブロックチェーンに参与するこを保証するのか?如何に参与者が悪質にシステムの平行と公平を破壊しないのを保証するのか?

 この時に、我々は経済学の手段を導入しないといけない。最も基本的な供給と需要のモデル以外、我々が一番使用するのは碁打ち論に基づくメカニズム設計モデルである、我々は一個一個の固体を導入してブロックチェーンシステムのルールを守り、全体のシステムに積極的で有利な策略を下す為に激励と懲罰のメカニズムが必要である。

 

 ブロックチェーンにある経済システムはその他の頑丈な経済システムと同じように、我々は何れも人に仕事をさせる為に激励と賞与の方式が必要。例えばブロックチェーンにいるマイナーに直面した時に、もしマイナーの行為が不道徳或いは役割を果たしていない時に、マイナーに懲罰措置を採取しないといけない。たくさんの成功したブロックチェーンは何れも下記の二種類の経済学の激励組み合わせを使用している。

一つ目の奨励組み合わせ

トークン:暗号化通貨は奨励として活躍度が高くて且つブロックチェーンの貢献した参与者に分配する。

特権:参与者は決定権が獲得でき、彼らにレンタル料金を徴収する権利を与えた。例えば、新しいブロックを発掘したマイナーらは新しいブロックの臨時決定者になり、短時間で新しいブロックの独裁者になって、しかもどれらの取引を該当ブロックに添加するかを決める権利がある。彼らはブロックに収録した全ての取引に手数料を徴収することができる。

二つ目の奨励組み合わせ

奨励:優秀な参与者はトークンの奨励が獲得でき、或いは役割を果たしたため決定権が与えられる。

懲罰:悪質な参与者は必ず通貨の罰金を支払わないといけない、或いは悪質な行為の為に権利を失う。

 この二種類の奨励組み合わせを通じて設計した経済奨励と懲罰体系は、有効的に参与者をブロックチェーンで良好な行為がある「優秀参与者」にして、ブロックチェーンシステムの積極性と良好な秩序を実現した。

 とにかく、暗号学手段はブロックチェーンシステムの安全と安定を保障し、経済学手段はブロックチェーンシステムの積極性と秩序を保障した、両者が合わせると、暗号化経済学がブロックチェーンシステムに対する意義である。