Coindeskは、BTCの5日と10日の平均線の傾向が南下していることを発表した。相対強度指数(RSI)は30.00ポイント以上で、BTC価格は再び200ドルの下落になる。3年近く、50週の平均線を下回って、強気な市場を終了したことが判明した。先週の日曜日にBTCが76.4%Fibに戻りました。BTCは7209ドルの心理的支持が試されるようです、価格をさらに4月1日の低点6425ドルまで低くする可能性があります。もし今日の終値が7425ドル(十字星の高点)より高い場合は、短期的な上昇を確認し、小幅の修正を許可して、7800-8000ドルに達する可能性があります。50週の平均線(MA)反落の観点を見直すことができます。価格は9990ドル(5月5日高点)を突破すると、強気な市場が開くことを意味します。