3-1メインネットの拡張

シャーディング/ Sharding

シャーディングはブロック容量に関するソリューションである。通常、各ノードとブロックネットワークの中に、ブロックチェーンの抄本を含む。シャーディングは全体の性能と安定の速度を向上するために、ノードにブロックチェーンの一部の抄本を持たせる技術である。


ライトニングネットワーク/ Lightning Network

ライトニングネットワークは、暗号通貨のトランザクションをリアルタイムに完成し、コストを削減する技術である。この技術によってビットコインネットワークでブロックの確認が必要となるトランザクションがリアルタイムに完成することができる。ライトニングネットワークは、拡張可能な少額決済チャンネルのネットワークに基づき、期間終了取消可能契約 RSMCを通して、取引の双方がブロックチェーンの設定しておいた支払いのチャンネルで、リアルタイムに、高周波、双方向のトランザクションを行うことができる。また、ハッシュ時間ロック契約HTLC に基づき、P2Pの支払いチャンネルがない取引の双方で、複数の支払いチャンネルから構成した支払いチャンネルを構築して、資金を移転する。


ライデン ネットワーク/ Raiden Network

ライデン ネットワークはイーサリアムブロックチェーンに基づき、拡張したソリューションである。これによって、イーサリアム技術を用いた暗号通貨は、リアルタイム、低コストで取引できるようになった。取引の双方がブロックチェーンで取引のチャンネルが存在すれば、ロックされる残高に基づいて、高周波数、双方向、リアルタイムに取引を行うことができる。このような複数のチャンネルで形成された支払いのパスをライデンネットワークという。


隔離された証明/ Segregated Witness / SW

隔離された証明とは、大量の格納領域を占めるブロックのデジタル署名を別のところに配置することで(隔離とも言う)、各ブロックが処理できる取引を多くにする技術である。ブロックチェーンには一つずつの取引の詳細情報だけではなく、取引の妥当性を確認するために、取引のデジタル署名も含んでいる。採掘者がブロックをカプセル化した時に、デジタル署名で各取引の妥当性を確認する必要がある。確認して問題がなければ、この取引をブロックの中に記録する。ただし、アカウントに対して情報を検証する必要がない。そして一つのビットコインの記録のサイズは、1メガバイト(MB)に制限されている。10分間ごとに、新しく記録するので、隔離された証明を通して署名を移転し、ブロック領域を拡大する。


3-2 クロスチェーン

クロスチェーン/ Cross-Chain

クロスチェーンはブロックの間で相互接続する技術である。インターネットの場合、分散化されているネットワークの連結を示している。ブロック技術の特性によって、クロスチェーン技術の実現とブロックチェーン以外の情報の取得が困難になった。最初のクロスチェーン技術は、 Interledger Protocal と BTC Relay を代表として、資産の移転に重点を置いた。現在のクロスチェーン技術は Aion、Kyber Network、Bletchley、Polkadot、Cosmos をメインとし、主にクロスチェーンのインフラストラクチャーに重点を置いた。「もし、コンセンサスはブロックチェーン技術の核心だと言えば、ブロックチェーン特にコンソシアムチェーンとプライベートチェーンからみれば、クロスチェーンはネットワーク価値を実現する鍵である。クロスチェーンはコンソシアムチェーンを別の孤島から助け出してきた良薬であり、ブロックチェーンが外へ拡張と連結の架け橋である。——「異なるブロックチェーンを連結するクロスチェーン技術の紹介」。 


アトミックスワップ/ Atomic Swap

アトミックスワップとは、現在開発中の分散化、第三者不要の技術である。異なる種類のデジタル資産の間でトラストレスのP2P取引を行うことができる。どちらでも一瞬に終わったP2P取引のルールを守らなければならない。もしどちらか一方が脱退になったら、資金が規定された時間でそれぞれの対応する口座に戻される。


公証人計画/ Notary Schemes

Notary Schemesは中央集権性の構造である。何人かの公証人を選んで、公証人の間で PBFT構造にして、対象とするチェーンのイベントと状態を監視する。且つ、署名して資産を移転する。(例:Ripple の Interledger Protocalの初期バージョン。)


サイドチェーン/ Sidechains

(前文をご参照)


サイドチェーンプロトコル/ Sidechain Protocol

サイドチェーンプロトコルは双方向(Two-way Peg)でターゲットするプロトコルである。サイドチェーンを通して資産がメインチェーンと他のチェーンの間でお互いに変換し、或いは独立、隔離な形式で、中核ブロックチェーン上のトランザクションの回数を減少する。


ペグサイドチェーン/ Pegged Sidechain

ぺグサイドチェーンはビットコインと他のデジタル資産を複数個のブロックチェーンの間で移転させることである。つまり、ユーザたちは現在の資産を使用するほかに、新しい暗号通貨システムにアクセスできることを意味する。


中継技術/ Relays

中継技術とは、二つチェーンの中に一つのデータ構造を入れることで、二つのチェーンがこのデータ構造を通してお互いにデータを交換できる技術である。一つのチェーンからデータ構造のAPIを呼び出すことで、もう一つのチェーンのトランザクションを監視、検証することができる。チェーン式のデータ構造であれば、サイドチェーンが備える形式を中継チェーンという。


ハッシュ時間ロック契約/ Hashed TimeLock Contract / HTLC

HTLCはHashlockとTimelock二つ部分を含んでいる。HTLCの最も代表なものは、ライトニングネットワークである。ライトニングネットワークは、拡張できる少額決済チャンネルを通して、チェーンの外側のトランザクションの処理能力を向上させる。Hashlockにて送る側からの通貨をロックし、Timelockにて受け取る側が、ある約束した時刻の前に、支払うための暗号技術証明を生成する。事前に約束したハッシュ値と一致すれば、トランザクションが終了になる。

3-3 その他の技術について

チューリング完全/ Turing Complete

計算理論では、1セットのデータの操作規則(1セットのコマンドセット、プログラミング言語、やCA)が任意の順序によって算出できるのであれば、チューリング完全という。


ミキシング・サービス/ Mixing Service

ミキシング・サービスとは、1種の暗号通貨を使って他の人から同様な金額の暗号通貨を得ることである。基本的に取引したときの入力アドレスと出力アドレスを分離することで、暗号化されたデータのプライバシー性と匿名性を高めて、暗号通貨の用途と所属を追跡しにくくすることが目的である。


Zerocoinプロトコル/ Zerocash Protocol

Zerocoinプロトコルは 2013 年に発表された独立のプロトコルである。ミキシング技術、リング署名技術のほかに、暗号通貨の匿名性を高めることを目的とした。Zerocoinプロトコルは、ゼロ知識証明にて完全的な匿名を実現した。Escrow Poolを通して、トランザクションの履歴を削除する。Zerocoinプロトコルは二つの部分から構成される。「鋳造」にて、トランザクション記録がある通貨を匿名化にして、Escrow Poolに入れる。ゼロ知識証明にて、トランザクション記録がない通貨を作り、且つEscrow Poolの中の通貨を焼却する。


CryptoNote プロトコル/ CryptoNote

CryptoNoteプロトコルは、2013 年 10 月に発表された暗号通貨の匿名性を高めるためのアプリケーションプロトコルである。モネロ、バイトコイン、Aeon、Fantomcoinなどの多くの暗号通貨に使われる。CryptoNoteは分散式共有分類台帳を使って、ブロックチェーン上の取引と残高を記録する。ただし、送信側、受信側を隠して、取引金額を曖昧化にする。


Tangle

Tangle は IOTAプロジェクトによって作成された改革的な分散式台帳である。拡張可能、軽量で、且つ無償で価値を移転することができる。Tangle はブロックチェーンのチェーン式構造のようなものではなく、有向非巡回グラフ(DAG)に基づいた構造である。定期的にブロックを追加することで、より高いスループットとゼロ手数料を実現する。


有向非巡回グラフ/ Database Availability Group / DAG

DAG は有向巡回グラフの略である。コンピュータ領域のデータ構造に使うものである。DAG は独特なポロジー構造をもっており、よく動的プラン、ナビゲーション中で最短経路の取得などの利用シーンに使われる。ブロックチェーン領域においては、DAGは拡張性の問題に使われる。 ブロックのサイズやブロックの効率を増やすことで、ネットワークで多くの分岐を生成させる。攻撃者が51%を超える計算能力を持たなければ、攻撃することができない。


自律分散型アプリケーション/ Decentralized Application / DApp

DAppはネットワークに公開されているアプリケーションである。この技術は単に一つの組織にメンテナンスされることではなく、多くの人にメンテナンスされるため、ハッカーがすべてのネットワークコンピューターにアクセスし、設定を変えることではない限り、アプリケーションのデータが改ざんされることはない。


分散型組織/ Decentralized Organization

分散化組織、システム全体の 中心に管理者を置くのではなく、民主的な投票と、自発的で間接的な協調行動を基本的なルールとする組織である。


自律分散型組織/ Decentralized Autonomous Organization / DAO

自律分散式組織は、スマートコントラクトと呼ばれるコンピュータプログラムの規則をコーディングして、コンピュータネットワークにサポートされる組織である。中心に管理者を置かないので、自律的な組織構造である。