OK Blockchain Capitalは、ブロックチェーン業界の周報第6期を発表した。周報によると、今週、全世界の仮想通貨の一日の平均市場は3658.4億ドルで、平均取引量は179.7億ドルで、それぞれ6.7%と17.3%に減少した。また、今週の市場価値TOP5の仮想通貨の総相場は先週より5.6 %下落した。その中で、BCHの下落幅は最大で、周内の最も安い価格は958.8ドルで、最大の下落幅は26.6 %に達しました。次はEOSで、週内で最も安値は10.5ドルで、最大の下落幅は25.8 %に達しました。世界的な仮想通貨の上昇幅トップ10の項目のうち、40%は仮想通貨と支払分野である。その中で、Centurionの上昇幅は最も高く、54.6 %に達し、市値Tp 200の総相場は先週より6.6 %下落した。今週の新発売プロジェクトは28個、オンラインの24時間で42.9 %の比率だった。その中で仮想通貨と支払いの項目の価格パフォーマンスは比較的に良い。また、今週の新規取引所はIDEX、Tidexなどの取引所に集中している。