仏系購入

暗号通貨を手に入れた後、価格の変動に関心を持たず、暗号資産の価格がどの程度まで

下落しても、所持する暗号通貨を減らすことはしない行為を指す。


暗号通貨取引

高額の利益を得るために、繰り返して暗号通貨を売買することである。


ソハ/ All-In / Show Hand

元々はギャンブルゲーム中の名詞であり、手持ちの資金を一度に引き出したことを意味する。そこから派生して、資金をすべて使って暗号化通貨を購入することにも用いられる。「思い切って賭ける」という意味。


腰斬

暗号通貨の価格が下落し、以前の最高価格に比べて半分程度が下がったことを指す。


肉切り

暗号通貨の価格が急落した時、所持する暗号通貨を売って、損切りの行為である。予め、損切りの価格を設定しておいて、より大きな損失を防止し、短期投資家が柔軟に運用する方法である。新しい投資者が使用すれば、大きな損失を防止できる。


アイシーオー

ICOの 擬音語、新規仮想通貨公開を指す。ブロックチェーンを用いて、使用権と暗号通貨を一つに統合して、商品の開発、メンテナンス、交換及びサポートするプロジェクトのために、融資を行う方式である。


PPT 融資

あるプロジェクトはICOを行う時、 ICO白書を発表して、プロジェクト状況、通貨の発行量、集められた資金の用途などの情報を披露する必要がある。白書は通常、PDF、PPTなどのフォーマットでプロジェクトの公式サイトや専門サイトに発表される。「白書」が  ICOにおける役割は、株式募集説明書が IPOにおける役割と類似する。 ICO プロジェクトは、作られた白書が良いかどうかに大きく依存するので、「PPT 融資」と呼ばれる。


ニラ

市場の状況が知らない個人のことを指す。個人は市場の状況が知らないので投資が気持ちに左右されやすく、高い価格で購入し、安い価格で販売する可能性がある。一部のユーザーは失敗し、市場を離れるが、新規ユーザーがすぐに加入する為、まるでニラのように、いくら切っても、すぐに成長するさまを表現している。


ニラを刈る

バイヤーは予め低い価格で通貨を購入しておき、個人が参入した後、通貨が高い価格になった時に、高い価格で販売し利益を得る行為を指す。また、通貨自体が低い価格になったら、買戻しをして、同じ行為を繰り返す。個人は、ニラのように切っても、新しい人がすぐに参入するため需要がなくなることはない。


詐欺コイン

詐欺コインは、技術性が何もないICOトークンのことを示す。MLM(連鎖販売取引)を通して価格が高騰できることを煽ったが、それは現実的に不可能であり、実現することもできない。海外から比べて、中国のICOプロジェクトは、詐欺コインのペテンが多い。


MLMコイン

マルチ商法の一つで、顧客から資金を集め、暗号通貨に投資するもので、その後利益が出た段階で配当を配る商法で、新規顧客を紹介した物にも配当とは別にインセンティブが入ってくる場合もある。しかし、暗号通貨に関しての情報を開示又は更新をせず、プロジェクトの進捗を公開しない場合が多い。


コインコミュニティ/ Coin Community

「コインコミュニティ」は、暗号通貨取引に専念し、ひいては自ら暗号通貨を発行して資金を集める(トーコンクラウドファンディング)人たちである。業界では、コインコミュニティと呼ばれる。


チェーンコミュニティ/ Chain Community

チェーンコミュニティは、ブロックチェーンの研究開発、アプリケーションやブロックチェーンの下部階層プロトコルに専念している人たちを指す。


マインコミュニティ/ Mine Community

マインコミュニティは、マイニングに専念している採掘者たちを指す。


鉱山事故/ Mine Disaster

仮想通貨の鉱山事故とは、マイニングコスト(主にマイニングリグと電気料金)は市場価格より高いときに、マイニングを続けて行っても仮想通貨の収益を得られない行為を指す。鉱山事故が起こった場合、多くのマイニングする人たちが採掘を停止し、前期に購入したビデオカードなどのハードウェアを、低い価格で販売する可能性がある。そのため、仮想通貨の鉱山事故は、中古ビデオカードの市場価値をも大幅に下げるリスクもある。


キャンディー/ Candy

暗号通貨が最初公開された時に、宣伝することが必要となる。よく使われる宣伝方式の1つに、キャンディーを配る行為がある。即ち、無償でユーザに一定数量の暗号通貨を配ることである。このような無償の暗号通貨は、ユーザたちに「キャンディー」と呼ばれている。


 “Hello World”

一つの新しいプログラミング言語を学ぶには、一番重要なのは、「Hello World」が出力されたプログラムを書けることである。コインコミュニティにおいては、Micro photo創始者胡震生が作ったブロックチェーンプロジェクト Showcoin はICOを行った後、コードデータベースには 「Hello World」という一言が書かれていた。


一万コインとピザ物語

2010年に、フロリダ州のプログラマlaszlo hanyeczが10000個のビットコインで2つのピザを支払うことに成功した。これは、ビットコイン史上初の商業取引となった。


キムチプレミアム/ Kimchi Premium

韓国の民衆が暗号通貨の投資に熱心になっている状態。当地の暗号通貨の価格は他の国家や地域より高い場合、キムチプレミアムという。


イーサリアム上のステロイド/ Ethereum on Steroids

「イーサリアム上のステロイド」は EOSに対しての冗談の言い方である。EOSブロックチェーンはプログラマブルが可能であり、取引費用を消去することもできる。また、毎秒に数百万回の取引を処理することができる。