CCNニュースによると、スターバックスのCEOハワード シュルツ氏はは最近離職する意思を明確にし、政界に入ることを検討していると述べたという。 シュルツ氏は以前大統領に立候補する予定があったことを否認したが、長年積極的に政治事業を支援してきた。シュルツ氏は今年最初のころの発言によると、ビットコインは合法な通貨ではないが、仮想通貨はキャッシュレスの将来に重要な役割を果たす可能性があるという。また、彼は仮想通貨以外に分散元帳技術が使用できる。それに将来仮想通貨が正当性を持つ信頼できる通貨になるかもしれないと述べた。