金色財経の現場の報道によると、2018中国区画チェーンサミットの現場では、北京の伊顿技術サービス株式会社のCEO金岩石は、「ブロックチェーンは取引チェーンであり、取引の核心は取引の安全と速度であり、ビットコイン、イーサネット、EOSはパブリックチェーンであり、ビットコインの取引速度は毎秒7取引である」と述べた。最速の取引は毎秒200取引、EOSは毎秒万取引になるそうだが、クレジットカードは毎秒1千万の取引で、パブリックチェーンの取引速度が届かないと、クレジットカードの代わりにならないという。