ビットコインキャッシュのマイニングはビットコインと同じで、アルゴリズムが何れもSHA-256である。

 マイニングは計算資源を消耗して取引を処理し、ネットワークの安全の確保及びネットワーク中の全員の情報同期を保ち過程である。それはビットコインキャッシュのデータセンターとして理解できる、その区別はその完全脱中心化の設計にあり、マイナーは世界各国で操作でき、ネットワークに操縦権がある人がいない。この過程はゴールドラッシュに類似しているので、「マイニング」と呼ばれており、それは一つの新規ビットコインキャッシュを発行するために使用される臨時的メカニズムである。しかし、ゴールドラッシュと異なるのは、ビットコインキャッシュのマイニングはあれらの安全な支払いネットワークの運行を確保したサービスに奨励を提供している。最後のビットコインキャッシュが発行されたあとでもマイニングは依然として必需である。

ビットコインキャッシュのマイニングの原理は?

 あらゆる人が専門のハードウェアにてソフトを運行してビットコインキャッシュのマイナーになれる。マイニングソフトはP2Pネットワーク盗聴取引ラジオを通じて、適切な任務を執行してこれらの取引を処理、確認をする。ビットコインキャッシュマイナーはこれらの作業を完成すればユーザーが支払った取引処理を加速するために取引と数行及び固定公式によって増発したビットコインキャッシュを稼ぐことができる。

 新しい取引は一つの数学作業量証明を有するブロックに含まれないと確認できない。このような証明は非常に生成しにくいのは、それが毎秒で数十億回の計算を試みてしか生成できないからである。マイナーたちは彼らのブロックが受け入れられて、且つ奨励を取得する前にこれらの計算を運行しないといけない。もっと多くの人がマイニングを始めているのに伴い、有効的なブロックを見つける難しさは、ネットワークにより自動的に増加され、ブロックを見つける時間を平均で10分に保つように確保されている。なので、マイニングの競争が非常に激しくて、ブロックチェーンに含まれる内容をコントロールすることができるマイナーがいないのである。

 作業量の証明は従来のブロックに頼らないといけないように設計されており、そうすることによってブロックチェーンの時間順序を強制した。このような設計は従来の取引の撤回を極めて難しくした、その原因は全ての後続ブロックの作業量証明を改めて計算しないといけないからである。二つのブロックが同時に見つけられた場合、マイナーは受け取った一個目のブロックを処理し、次のブロックが見つかると、それを最も長いブロックチェーンに移すようにする。そうすればマイニング過程中に処理能力に基づく全局の一致性を保つように確保できるのである。

 ビットコインキャッシュマイナーはカンニングで自分の報酬を増加させることができず、ビットコインキャッシュネットワークを破壊する詐欺取引を処理することもできない、その原因は全てのビットコインキャッシュのノードが何れもビットコインキャッシュ契約ルールを違反した無効なデータが含まれるブロックを拒絶するからである。そのため、全てのビットコインキャッシュのマイナーでも信用できるわけではないが、ビットコインキャッシュのネットワークは依然として安全である。