CCTV金融チャネルの27日夜の報道によると、韓国の仮想通貨取引プラットフォームで最近頻繁にスキャンダルが起こった、投資家は、「吸血」された可能性がる、取引プラットフォームで頻繁に現れた スキャンダルが仮想通貨の価格の急落につながった、投資家のプラットフォームに対する信頼を動揺させてしまった。投資家は投資資金が保証されないことを疑い始めたという。 韓国の投資家は「通貨の誇大宣伝」がリスクが高く、取引所は値段の変化に大きな影響を与えるため、背景にルール違反の操作があるか否かは不明であった。 また、CCTV は韓国の upbit は実際仮想通貨を所持していない疑いがある、またBithumb は、プラットフォームで発送したトークンに投資のトラップ情報が存在していると事例を挙げた。